ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストイックな歌ものテクノ作品が完成! GOATBEDのインタヴュー更新

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

cali≠gariやXA-VATのメンバーとしても活躍する石井秀仁が中心となり、80年代のニューウェーヴやテクノ・ポップのテクスチャーを援用しながら独自の世界観を築いてきたGOATBED。2人体制となって初のオリジナル作品『HELLBLAU』から約1年ぶりに届けられたニュー・アルバム『「」ying & yang』は、前作でのミニマル・テクノ的な志向をより深め、ストイックなグルーヴと低音ヴォイスがロマンティックな陶酔感を生み出すエレガントな歌ものテクノ作品となった。bounceでは、そんな本作について石井本人に直撃。WEBオリジナルのインタヴュー記事を掲載している。

なお、アルバムは、撮り下ろしのPVやドキュメント映像を収めたDVD付きの〈TYPE A〉、全曲のインスト・ヴァージョン+αで構成されたCDが付属する〈TYPE B〉の2形態が登場。タワーレコードでは両タイプを同時購入した方を対象に先着で未発表音源CDを差し上げます。

★インタヴューはこちらから

 

〈GOATBEDワンマン・ツアー『「」Male&Female principles』〉
日時/会場:
8月24日(土) 群馬。高崎club FLEEZ
8月28日(水) 愛知・名古屋アポロシアター
8月29日(木) 大阪・umeda AKASO
8月31日(土) 東京・渋谷CLUB QUATTRO

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP