体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Archos 101 XSの後継? 「AC101XS2」がFCCの認証を取得

フランスのスマートフォン・タブレットメーカー Archosの新しいハイエンドタブレットとみられる「AC101XS2」がFCCの認証を取得しました。FCC IDは「SOVAC101XS2」です。認証資料によると、「AC101XS2」は10.1インチディスプレイを搭載したタブレット端末です。型番からすると、おそらくArchosが2012年に発売したハイエンドモデル「Archos 101 XS」の後継と思われます。この時期にFCCを通過したことを考えると、IFA 2013で正式に発表され、今秋中には発売されそうな気がします。別の認証資料によると、「AC101XS2」の本体サイズは270mm x 168mm x 8mmです。10.1インチタブレットの中では比較的薄型の製品のようです。認証はWi-Fi(2.4GHz)、Bluetoothの周波数帯で取得しています。Source : FCC



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「ハングアウト」がv1.1.2.778356にアップデート
Xperia Z UltraのPTCRB認証に新ビルドのファームウェア「14.1.B.1.493」と「14.1.B.1.510」が追加
Google、WebRTCをサポートしたAndroid版「Chrome 29」安定版をリリース

juggly.cnの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。