ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

30%OFFクーポンもらえる!Gapに不要になったデニムを持って行こう!!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

店頭には秋物が並ぶようになった。そろそろクローゼットを秋物と入れ替えようと思っている人は、いらなくなったデニムが眠っていないかチェックしてみては?Gapは、ブランドを象徴するアイテムであるデニムを対象としたリサイクルキャンペーン「Denim Recycling Project(デニム リサイクリング プロジェクト)」を、9月16日まで実施している。

4回目となる今回のDenim Recycling Projectは、今秋、Gapが展開する新デニムコレクションの店頭展開に合わせてスタート。期間中に不要となったデニム商品を全国のGapストアに持参すると、定価アイテム1点が30%OFFとなるクーポンをプレゼント。昨年に引き続き、Gapブランド以外のデニム商品も対象とするほか、要望の多かったキッズデニム商品(110-160cm)も受け付ける。

受付店舗はGap、GapKids、babyGapの全国104店舗(新宿伊勢丹 babyGap、静岡伊勢丹 babyGap、Gapレット、Gap Generation、および、海外店舗は除く)。対象アイテムはデニムパンツ、デニムショートパンツ、カラーデニムパンツ、デニムオーバーオール、デニムサロペット、デニムジャケット、デニムシャツ。なお、激しい汚れや破れ、ほつれなど、不具合により着用に問題がある物は不可。受付の本数に制限はなく、洗濯した物を持参のこと。クーポン有効期限は9月30日まで。

Gapではこれまでデニムのほか、カーキ(チノパン)やダウンのリサイクルキャンペーンを実施し、およそ5万着の衣料をリサイクルしてきた。今回、ギャップジャパン本社従業員もこの取り組みに参加し、全国のストアで回収したデニム商品と合わせて、NPO法人日本救済衣料センターを通じて、世界各地で衣料を必要としている難民・避難民に届けられる。

クローゼットがスッキリし、社会貢献もできるうえに、Gapの30%OFFクーポンがもらえるなんて、一石三鳥!?秋物を新調するなら、Gapでお得に!Gapストアの場所など、詳細はHP(http://www.gap.co.jp/)をチェック。

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP