ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

他ゲームの課金競争に敗れたユーザーが「艦これ」に移行中か

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ユーザー数が40万人を突破し、人気爆発中のゲーム『艦隊これくしょん』、通称「艦これ」。角川ゲームスが開発し、DMM.comが配信しているブラウザゲームで、ゲームの内容は、萌えキャラに擬人化された第二次大戦中に活躍した軍艦カード「艦娘(かんむす)」を集め、強化しながら、敵との戦闘の勝利を目指すというもの。実際に「艦これ」にハマっている30代前半の男性・A氏が、その魅力を語る。

「このゲームの一番魅力は、課金がほとんど必要ないことです。私がこれまでやり続けていた 『モバマス』(モバゲーの『アイドルマスターシンデレラガールズ』)のようなソーシャルゲームは、ガチャ(レアアイテム等をランダムで獲得するクジのようなもの)でガンガン課金をしないとランキング上位に入れませんでした。トップクラスになると、数百万円の課金をしているでしょうし、イベント期間中は携帯を離せないくらい時間も必要です。でも、『艦これ』は、初期投資に7000円くらい課金はしましたが、十分すぎるほど楽しめています」

 A氏は、少し前まで「モバマス」の課金競争に参加していたが、上位までいくのには、さらに膨大な課金が必要だと気付き、距離を置くようになったという。だが、そんな時に「艦これ」を知ったそうだ。

「艦これ」では、ゲームの中で提督(プレイヤー)が行う任務は4種類あるが、これらの任務をクリアすると、弾薬や燃料、強い艦娘を獲得したり、艦隊の保有数を増やすことができる。もちろん強くなれば、ランキングに載ることもある。

「軍艦が女の子に擬人化されていて、ものすごく可愛いのが一番の魅力ですね。それに軍艦の描写や、攻撃された部分なんかは、歴史上の事実に沿っている部分もあって、軍艦オタクにもたまらないゲームです。

 また、二次創作やニコ生も盛り上がっています。僕が見ている限り、以前は『モバマス』にハマってたプロデューサーさん(プレイヤー)たちが、どんどん提督さんに転身しています。今年のコミケでは『艦これ』のブースもけっこう見かけましたよ」(同前)

 A氏のように、他ソーシャルゲームの課金競争に敗れて、「艦これ」に移行したユーザーも少なくないという。「艦これ」人気は、どこまで続くか?



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「モバプロ」に加え「モバサカ」も順調なソーシャルゲーム株
任天堂ドラクエ10で課金制 ゲーム業界の止まらぬ“拝金主義”
スマホの乙女ゲーム 擬似不倫も体験できR40主婦の間で人気

カテゴリー : ゲーム タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP