ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Twitterで話題の「#職業別ぶつけんぞ」で各社公式アカウントが荒ぶりすぎている件

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネット短文投稿サービス「Twitter」。一般ユーザーを始め、芸能人、企業まで幅広く利用しているのが特徴です。

【関連:今日本で最も注目される最新スポーツ「エクストリーム出社」がアツイ!!】

Twitter上ではそうした立場の垣根を越えて、様々な人とリアルタイムで交流できるのが魅力の一つ。そして時として様々な遊びも生まれます。よくあるのが「#~」ハッシュタグを利用して共通の話題を投稿しあう遊び。

日本には古くから「大喜利」という言葉遊びが存在します。このハッシュタグの場合には#以降に記載される話題を「大喜利のお題」に見立て、誰かが発案したお題に様々な人が参加しTwitter上で盛り上がることもしばしば。

今回はここ数日注目されるお題「#職業別ぶつけんぞ」に投稿された荒ぶりすぎる公式アカウントの投稿内容をご紹介いたします。

 
まず最初は、Twitter企業アカウントの王者「シャープ株式会社」さんの投稿から。

▼SHARP シャープ株式会社 ‏@SHARP_JP

・うるせえソロバンと電卓いっしょにぶつけんぞ
・うるせえ風が身体に直接あたらないやさしいエアコンぶつけんぞ
・うるせえタニタ食堂レシピも入った健康調理できるヘルシオぶつけんぞ
・うるせえ癒しと快眠サポート目にもやさしいさくら色LEDぶつけんぞ

シャープさんはこれ以外にも更に多くの「#職業別ぶつけんぞ」を投稿しています。
基本的に商品宣伝をちゃっかり絡めていますが、古い商品の場合には画像も掲載していたりして見ていて懐かしくなるものも。さすがTwitter上で常々話題になるシャープ公式アカウント。王者として荒ぶりかたに隙がありません。

▼キングジム ‏@kingjim

・メガ綴じファイルぶつけんぞ!

こちらも商品宣伝を兼ねているようです。「メガ綴じファイル」とはとじ厚100mm~130mmにもなる超極太ファイル。
中身が入っていなければぶつかっても痛くはなさそうですが、中身入りだと怪我をする恐れがあります。キングジムさんの後の投稿でも書かれていますが「注)ファイルでぶつけんぞ!は妄想のなかで留めていただきますよう、何卒よろしくお願いします。」とのこと。決して本当に投げたりしないでくださいね。

▼ 株式会社タニタ(公式)@TANITAofficial

・うるせえ調査兵団に入団して、ウォールタニタ奪還する歩数計ぶつけんぞ
・うるせえ小野Dさんが「お乗りくださいお嬢様」ってしゃべる体組成計ぶつけんぞ

「タニタ食堂」でも有名な、体重計などを扱う株式会社タニタさんの公式アカウントです。
ちなみに「お乗りくださいお嬢様」としゃべる体組成計は実際にある商品です。

▼ワーナー エンターテイメント ジャパン@warnerjp

・うるせえ全米が泣いたぶつけんぞ
・スーパーマンのぴっちりコスチューム着た渡辺直美さんぶつけんぞ

「うるせえ全米が泣いたぶつけんぞ」で個人的に笑ってしまいました。まさかのワーナーさん参戦とは……。ちなみに、後者の渡辺直美さんの元ネタですが、8月30日公開の映画「マン・オブ・スティール」に絡めたPR投稿のようです。
実際の投稿には、ぴっちぴちのスーパーマンコスチュームを身につけた渡辺さんの写真が添えられています。

▼ 自衛隊宮城地方協力本部@公式ですよ☆@miyagipco

・うるせえ戦車ぶつけんぞ

今回の「#職業別ぶつけんぞ」大喜利で一番「荒ぶりすぎちゃった」宮城地本の投稿です。
まさかの地本公式発言ということで、この投稿は記事執筆時点で1万を超える人にRT=リツイートされています。でもたまにはこういう冗談も有りですよね。

 
今回ご紹介した「#職業別ぶつけんぞ」。基本どの参戦企業も“商品PR”をちゃっかり絡めているのが特徴です。
現在、Naverまとめでページも作成されています。ご紹介したもの以外にも沢山紹介されていますので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

情報:
Naverまとめ http://matome.naver.jp/odai/2137700091679388701
Twitter #職業別ぶつけんぞ

画像:
SHARP シャープ株式会社 ‏@SHARP_JP https://twitter.com/SHARP_JP/status/369650946952814593

※一部誤字がありました訂正してお詫びいたします。#職業ぶつけんぞ⇒#職業別ぶつけんぞ 1箇所訂正。

おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP