ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Samsungのスマートウォッチ「Galaxy Gear」は2.5インチOLEDパネルを搭載?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

IFA 2013で発表されると噂のSamsungのスマートウォッチ「Galaxy Gear」に関する新情報がThe VergeとGigaOmで伝えられています。Bloombergが先週報じたことによれば、Galaxy Gearは電話発信もできる時計型スマートフォンのような製品と想像されていたかと思いますが、両サイトは、Galaxy Gearはスマートフォンとペアで使用する製品で、単体で電話発信を行ったりすることはできないとのことです。SmartWatchやPebble系の製品のようです。GigaOmではGalaxy Gearに関するこれまでに伝えられていなかった仕様情報が多数伝えられていました。Galaxy Gearにはスクエア形状の2.5インチの高解像度OLEDディスプレイが搭載されており、ベゼルを含めると本体部分のサイズは対角3インチ前後になるとのこと。また、タッチパネルを搭載しており、タップ、スワイプ、フリックなどの一般的なジェスチャー操作をサポートしているそうです。ほかには、デュアルコアプロセッサ、ストラップに統合されたカメラ、スピーカー、加速度センサーを搭載しており、Bkuetooth v4.0、NFCのワイヤレス通信に対応しているそうです。対応機種はGalaxyスマートフォン・タブレットとされています。システムソフトウェアはAndroid 4.1ベースにスマートウォッチ用にカスタマイズされたものを搭載。テキスト入力機能は持たないとされています。スマートフォンやタブレットとはBluetooth v4.0で通信を行い、メールを読んだり、スマートフォンの通知を確認することが可能。例えばスマートフォンやタブレットなどの母艦で受信した通知をGalaxy Gear上で確認すると、母艦の通知は削除される仕組みもあるらしい。加速度センサーを搭載していることから活動量記録計としても機能し、GalaxyスマートフォンのS Healthで取得したデータを蓄積&分析できるような連動機能も搭載されると期待されています。様々な機能があるなか、まずはTwitterとFacebookとの連携機能が特徴になるとされています。Source : The Verge、GigaOm



(juggly.cn)記事関連リンク
LG未発表の「LG-V500」がタブレット端末であることが判明、FCCの認証を取得
流出したLG製“Nexus 5”の写真に写っているのは、たぶん「Optimus L9 II」
ソフトバンク、「PANTONE 5 107SH」と「ボス電 107SH B」のソフトウェアアップデートを開始、S!メールのWi-Fi送受信に対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP