ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

複数の銀行口座・カード会社のオンライン明細を一括管理する「Moneytree」アプリ、13万DL突破

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日々の生活をつつがなく送るためには、お金の管理は特に重要な項目である。クレジットカードを何枚も持っていたり、いくつかの銀行口座を保有している人にとっては、入金、支出の状況を把握しようと思うと、それぞれの金融機関の口座情報にアクセスする必要があり、非常に面倒なものだ。

そんな悩みを解決してくれるのが、iOS向けアプリ「Moneytree」である。このたび、国内のお金アプリとしては日本初となるプライバシー認証“TRUSTeマーク”の認定を受け、さらにダウンロード数が13万を達成したことを発表した。

「Moneytree」は、1度登録をおこなうだけで、国内の銀行とカード会社のオンライン明細を1つにまとめ、複数の口座状況を一括管理できるアプリ。登録できる金融機関は、国内の主要銀行、カード会社など39社に及び、手元のデバイスから手軽に、口座残高や利用状況をチェックできるようになる。データはグラフ化して閲覧することも可能で、資産の推移も一目で把握できるほか、人工知能(AI)が支出の内訳について、“ATM引き出し”“ホテル”“電車”“電気”など、カテゴリ別に分類して集計した収支額を計算してくれる。また、クレジットカードの支払日や、電子マネーのチャージ日といった項目を表示したり、自動データ分析システムが“消費のクセ”を教えてくれるといったような機能も用意されている。

資産管理という非常にプライベートな内容だけに、セキュリティ面にも力を入れており、暗号化したデータ保管、侵入テストの定期実施などをおこなっているという。スマートフォンで、資産の管理を一括しておこなえる手軽なアプリは、“賢いマネーライフ”を送る手助けをしてくれそうだ。

Moneytree

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP