ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

絶対に日焼けしたくないなら覚えておこう!「UVカット製品」にも寿命がある

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ここ数日の猛暑で、紫外線量もものすごいことになっています。外に出るときは、日焼け止めはもちろん、日傘やサングラスなども併用して、UV対策は万全を期したいところ。

■UV対策グッズの寿命
そんなUV対策グッズですが、それぞれに寿命(使用期限)があるのをご存知ですか?
日焼け止めに関しては、一般的に未開封で3年、開封済みなら1年以内に使いきるのが理想。日傘やサングラスは、劣化や日常での傷、UVカットのはがれなどにより、2~3年
UVカット服にいたっては、洗濯などの影響でワンシーズンしかもたないものもあるとのことなので、長年使っているものは、UVカットの効果がなくなってしまっている可能性も…。

■UV対策グッズには2種類ある
とはいえ、すべてのUVカット製品に寿命があるというわけではありません。UVカット製品には、素材の表面にUVカット加工を施した「UVカット加工製品」と、UVカット効果のある物質を素材そのものに練りこんだ「UVカット素材製品」の2種類があるとのこと。

UVカット加工製品には上記のような寿命がありますが、UVカット素材製品は、壊れたり破れたりしない限り、紫外線を防ぐ効果は持続すると言われていますので、今後、UV対策グッズを購入する際は、UVカット素材のものを選ぶと安心できそうですね。

photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
【PR】ビタミンCは肌に直接塗ったほうが効果的らしい
海やBBQで事前チェック! その場所のUVリスクがわかるアプリ
その紫外線対策…まちがってるかも? 「日焼けしやすくなる」6つの習慣

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP