ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ワコム、フルスペックのペンタブレットとしても利用できる手書き対応のAndroidタブレット『Cintiq Companion Hybrid』を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫


ワコムは8月20日、Android搭載したクリエイティブタブレット『Cintiq Companion Hybrid(DTH-A1300)』を正式に発表しました。

『Cintiq Companion Hybrid』は、13.3インチフルHDディスプレーを搭載したAndroidタブレットで、2048段階の筆圧と傾き感知に対応したエルゴノミクスデザインの専用ペン『プロペン』が付属し、PCに接続すればフルスペックのペンタブレットとして、単体では『Galaxy Note』タブレットのような手書き対応のAndroidタブレットとして利用できるハイブリッドタイプの製品。

ラインアップは内蔵ストレージ16GB&48.5Whバッテリー内蔵の『DTH-A1300L』と、内蔵ストレージ32GB&72.85Whバッテリー内蔵の『DTH-A1300H』の2種類。価格は、『DTH-A1300L』が15万8000円、『DTH-A1300H』が16万8000円。ディスプレーは13.3インチ1920×1080ピクセルのIPS液晶(1677万色、応答速度25ms、輝度210カンデラ)、プロセッサはNVIDIA Tegra 4 1.9GHzクアッドコア、RAM容量は2GB(LPDDR3)、内蔵ストレージの容量は16GB/32GB、microSDカードも利用可能です。

カメラは背面に800万画素CMOSと前面に200万画素CMOSを搭載。ワイヤレス機能はWi-Fi b/g/n、Bluetooth v3.0に対応。本体サイズは375mm x 248mm x 16mm、質量は1.7kg/1.8kg(スタンドを除く)。

OSはAndroid 4.2を搭載しており、『Wacom Creative Canvas』、『Wacom Manga Canvas』、『アストロファイルマネージャー』などのアプリも搭載されています。本体上にはショートカットをワンタッチで実行できる4ファンクションキー、リングキー、ホームボタンを搭載。背面には3段階で角度を調節できるスタンドが搭載されています。
Source : ワコム



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「スマートフォン for ジュニア SH-05E」のソフトウェアアップデートを開始、初期化後に起動しない事象に対処
HTC未発表スマートフォン“Zara”のプレス画像が流出? Android 4.3&Sense 5.5を搭載して2013年Q4中に発売されるらしい
CyanogenMod端末向けアカウントサービス「CyanogenModアカウント」の提供が開始、紛失・盗難時に役立つリモート管理サービスも開始

juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP