ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

CyanogenMod端末向けアカウントサービス「CyanogenModアカウント」の提供が開始、紛失・盗難時に役立つリモート管理サービスも開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CyanogenModの開発チームがCyanogenMod向けのアカウントサービス「CyanogenModアカウント」を開始しました。CyanogenModアカウントは、カスタムROM「CyanogenMod」を実行している端末向けに付加価値サービスおよび機能へのアクセスを提供するサービスで、利用は無料、利用する/しないはユーザー側で選べます。GitHubには“CyanogenMod Account”のアプリが追加されており、開発者は自身のCyanogenModに取り込むことができます。CyanogenModアカウントを利用したサービスとしては、専用のWEBサイトを通じて、失くした端末を地図上で追跡したり、盗難に遭った場合にSDカード上のデータを全消去する機能の提供が行われています(Find My Phone)。これとは別にSMSアプリ「Secure SMS」の開発も進められています。同チームは、CyanogenModアカウントサービスの構築にあたり、エンドツーエンドの暗号化機能を開発したことで、データのやり取りする際のセキュリティ性を確保しているとしています。CanogenModアカウントの作成と管理は、CyanogenMod公式サイトの「Account」タブ、またはhttps://account.cyanogenmod.org/のページで行なうことができます。Source : CyanogenMod Blog



(juggly.cn)記事関連リンク
ドコモオンラインショップが商品の代金引換払いに対応
Samsungのスマートウォッチ「Galaxy Gear」は2.5インチOLEDパネルを搭載?
ボディ形状がこれまでのものとは異なる「Xiaomi Mi3」の写真が公開

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP