ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Flyme OS 3.0を搭載した「Meizu MX3」の実物写真が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

中国 魅族(Meizu)の次世代スマートフォン「Meizu MX3」の実物とされる端末を撮影した写真がMeizuフォーラムで一時的に公開されていたそうです。写真からMX3の全体像を把握することはできませんが、MX2と同じLEDで光るホームボタンを搭載していることがわかります。システム情報を撮影した写真からは、名前が「MEIZU MX3」、型番が「M353」、そして、Flyme OS 3.0系を搭載していることがわかります。この写真で一番面白いのは、画面左側にツールバーと思われるアイコンが縦に並んで表示されていることで、設定メニューが2ペイン構成になっているのではないかと予想させます。画面サイズが5.06インチに拡大したことで2ペインにしても見やすさを損なわないということで、この仕様に変更したのかもしれません。「Meizu MX3」は9月2日に北京で開催されるプレスカンファレンスで発表されると予想されています。Source : IT168



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsung、画面サイズ12インチのタブレットをIFA 2013で発表か?
8月20日より東急東横線の東白楽駅~横浜駅の駅間トンネルで携帯サービスが開始
初音ミクモバイルでAndroid向けアプリや壁紙が月額525円で取り放題の新サービスが開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。