ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Microsoft Kinectを使ったジェスチャーでChromecastを操作するソフトウェアの開発が進行中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MicrosoftのKinectを用いたジェスチャー操作でChromecastを操作するソフトウェアの開発が進められている模様です。ソフトウェア開発者のLeon Nicholls氏が自身のGoogle+ページでそのことを明らかにしました。これはどうものかというと、作成中のソフトウェアをインストールしたPCにKinectを接続してPCの前で身振り手振りをすると、ソフトウェアがKinectからのモーションデータを解析し、操作に変換。Chromecastに送信するというものだそうです。公開されたデモ動画では、テレビ上に表示されたアニメ動画の表示枠を手振りで移動したり、手の平を前後に動かして再生と一時停止を行っています。今後はサポートするジェスチャーとコンテンツを順次拡大していくと述べています。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Sony Mobile “Honami”は9月4日に発表される見込み、Bloombergが報じる
Koushik Dutta氏がギャラリー・Dropbox・GoogleドライブのメディアをChromecastにストリーミングする「AirCast」アプリをリリース
HTC One Developer EditionはAndroid 4.2.2を飛ばしてAndroid 4.3にアップデートされる予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP