ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

銀行員 同期100人いた場合50才で銀行本体残るのは1人の例も

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 第4話では27.6%という今クール断トツの平均視聴率を叩き出したドラマ『半沢直樹』(TBS系)。濡れ衣で5億円を焦げつかせた責任を取らされる主人公に、部下を嵌(は)めて自分は私腹を肥やす支店長、出世のために言いなりになる部下、そして暗躍する上層部…。ストーリーの面白さにぐいぐい惹かれていくのだが、それにしても実際の銀行って、こんなにえげつない職場なのだろうか。

 銀行マンたちの過酷な出世競争は、実は入社した日から始まっているという。

「入社して最初の数か月の研修で、すでに人事によって“幹部候補”と“その他大勢の兵隊”に分けられているんです。幹部候補が配属されるのは東京の本部か、横浜など大都市の大きな支店です。配属先が地方の小さな支店だと“おれは出世コースじゃない”と、その時点で自覚するんです。次の異動でも小さな支店だと、辞めてしまう人も多い。メガバンクは3年以内の離職率が3割近いんですが、この“仕分けシステム”が原因なんです」(あるメガバンクの40代人事部)

 幹部候補の中でも、トップクラスは大支店勤務を2~3年経験した後、本部に戻り、出世コースをひた走るという。

 また、銀行マンの出世には派閥の力がものをいい、出身大学でも大きく左右される。

「うちの銀行は、昔は東大閥が圧倒的だったけど、今は慶應や早稲田も大きな力を持っています」(前出・40代人事部)

 また、半沢が勤める劇中の「東京中央銀行」のように、複数の銀行が合併した大銀行の場合、旧○○銀行出身、旧△△銀行出身など、そこでも派閥ができ、対立派閥への蹴落とし工作は日常的に行われるという。

 こうした熾烈な競争のなかで、ほとんどの銀行マンは出世コースを外れていく。40代になると出向や転籍という形で別の会社に飛ばされるのだ。

「40才を過ぎると、銀行業界でいう“黄昏研修”と呼ばれる研修に参加させられるんです。外部から講師が来て、今後の収入や退職金、年金、住宅ローン、子供の教育費など、今後のライフプランについてレクチャーされます。出向すると、給料は銀行員時代の6割が相場といわれていますから、研修を受けておかないと大変なことになるのも事実です」(40代・中堅行員)

 例えば、同期が100人いた場合、50才まで銀行本体に残れるのはたった数名で、役員になれるのはそのうち1人いるかいないかだというから、なんとも厳しい世界だ。

※女性セブン2013年8月22・29日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
香川銀行セルフうどん支店の高金利定期などお得なネット定期
5億円の損失出した半沢直樹に銀行マン「30億~40億円はザラ」
メガバンク内部 旧所属銀行間融和より世代間格差が問題に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP