ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

米AT&T、「Moto X」を8月23日に発売、「MotoMaker」も同日にオープン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米AT&Tは現地時間8月16日、Motorolaの新フラッグシップ「Moto X」を8月23日に発売すると発表しました。「Moto X」の発売日が発表されるのは今回が初めてです。AT&Tの店頭では、Woven whiteとWoven blackの2色が標準モデルとして販売されますが、同日よりスマートフォンのカスタマイズサービス「MotoMaker」もオープンし、ボディカラーやカメラ周り/ボタンのカラー、ストレージ容量、壁紙をユーザー自身で選択したり、刻印を入れることができます。AT&Tストアでは、多彩なボディカラーのサンプルが展示されるとのことです。「Moto X」は4.7インチ1,280✗720ピクセルのAMOLEDディスプレイ、デュアルコア1.7GHz駆動のCPUを内蔵した「Motorola X8」プロセッサ、2GB RAM、背面に1,000万画素Clear Pixelカメラ、2,200mAhバッテリーを搭載。専用プロセッサコアにより、画面に触れずに音声コマンドを実行したり、カメラを起動できるほか、スリープ中でも画面上に通知を表示して知らせるActive Display機能を搭載したところが特徴です。AT&T版「Moto X」の2年契約での価格は、16GBモデルが$199、32GBモデルが$249。Source : AT&T



(juggly.cn)記事関連リンク
Bloombergも「Galaxy Gear」は9月4日に発表されると報じる
グルーバル版「HTC One X+」用CyanogenMod 10.1 Nightlyビルドの公式が開始
歩歩高(BBK)の極薄スマートフォン「Vivo X3」の厚さは5.75mm

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP