ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sonyのスマートフォン・タブレット向け“Lens-Camera”のマニュアル画像とサイズ情報が流出

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sonyがスマートフォン・タブレット向けに開発している“Lens-Camera”と呼ばれる外付けレンズキット風デジカメ2機種のマニュアルとされる画像がSony Alpha Rumorsで公開されました。マニュアル画像の「DSC-QX10」は「DSC-WX150」と同じ1/2,3型CMOSとf/3,3-5.9のズームレンズ、「DSC-QX100」は「DSC-RX100M2」と同じ1型CMOSとF1.8~F4.9のズームレンズを搭載した製品とされています。マニュアルには本体図や各部名称が記載されています。画像は公開されていませんが、両モデルの寸法も公開されています。まずは各部の名称です。各番号の役割は以下の通り。1)電源ボタン2)マイク3)インジケーター(カードの装着/未装着、バッテリー残量)4)ベルト固定用のフック5)三脚固定具6)リングコントロール(DSC-QX100のみ)7)インジケーター(電源/充電/ムービー)8)ズームレバー9)シャッターボタン10)マルチファンクションジャック11)リセットボタンプレビューモニタは無いみたいですね。本体側面にシャッターボタンがあるので、スマートフォンやタブレットに装着し、レンズに手を添えたところでボタンを押してシャッターを切る、というのが基本的な使用方法となるようです。寸法は、「DSC-QX100」が62,5mm × 62,5mm × 55,5mm、質量は約179g。「DSC-QX10」が62,4mm × 61,8mm × 33,3mm、質量は105g。どちらにも再充電可能なバッテリーパック、メモリカードスロット(対応が明らかなのはメモリースティックマイクロだけ)が内蔵されています。Source : Sony Alpha Rumors



(juggly.cn)記事関連リンク
TCL、「Alcatel OneTouch Scribe Pro」と「Alcatel OneTouch Idol mini」を開発
「SmartWatch 2 SW2」はリストバンドの種類で2モデル存在
Microsoft Kinectを使ったジェスチャーでChromecastを操作するソフトウェアの開発が進行中

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP