ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

グリーとモバゲーで配信中の『進撃の巨人』のゲームがバグだらけで大炎上 課金武器が消失

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


グリーとモバゲーで配信されている『進撃の巨人』のゲーム『進撃の巨人 -反撃の翼- ONLINE』に致命的なバグがあり公式の掲示板が大炎上している。このゲームを開発しているのはストラテジーアンドパートナーズという会社で、昨年『魔法少女まどか☆マギカ オンライン』を製作したことでも有名である。
今回も二頭身の可愛いキャラが巨人を倒すというゲームで、レアな武器は課金して手に入れることとなる。

8月6日から運営が開始され、『ニコニコ動画』でもアプリとしてサービス開始予定。そんなゲームに致命的なバグが発生した。大型アップデートが当たったことにより武器の仕様が変更、更には課金して手に入れた武器が消滅するなどの問題が発生している。8月6日にオープンベータの表記が取れ正式サービスとなったのだが、そのタイミングで大型アップデートされバグ満載となったようだ。
運営は「調査中」と告知しているが未だに直っていない人が居るようだ。中には「有名作品に寄生しただけの駄作と評価したい」と言うユーザーも居るくらいだ。

武器消失は「調査中」なのにガチャやそのた課金に関することは継続して行われている。被害者をこれ以上出さないためにも、サービスを一時ストップすることは無いのだろうか。

【ニコニコ動画】進撃の巨人 -反撃の翼- の現状

※画像は動画より引用。

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP