ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ゲーム『アイカツ!』に100万円課金した「アイカツおじさん」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 最近、ゲームセンターに行くと、『アイカツ!』のアーケードゲームの前に、幅広い層のプレイヤーがいることに気付くだろう。女子小学生から幼稚園児連れの母親、男性の一人客など、様々だ。同ゲームは、トレーディングカードを用いたアイドルオーディションゲーム。プレイヤーは各々、自分のIDカードをセットし、「アイカツ!カード」を使って自分のキャラをコーディネートし、リズムゲームが始まるのだ。

 そんな『アイカツ!』が登場してから、すっかりハマってしまい100万円以上も課金したというAさん(20代後半)に、その魅力について話を聞いた。

「アクセサリ・トップス・ボトムス・シューズの組み合わせで自分のキャラをコーディネートしてあげるんですけど、そのカードの数が尋常じゃないんです。お菓子のオマケや期間限定のオフィシャルショップでの販売など、レアカードも多いので、いくらお金をかけたかよりもカードが集まるかの方が不安なくらいです。箱買いなんて、当たり前ですよ。付録のグッズ目当てに『ちゃお』を買うのにも、ためらいがなくなりました(笑)」

 ネットでは、Aさんのような男性プレイヤーは、「アイカツおじさん」と呼ばれる。アイカツおじさんの中には、アイカツ!カードを集めることはもちろん、アイカツ!関連のグッズを買い求めてる人も少なくない。1回100円のゲームだが、なぜ、100万円もの大金をつぎ込んだのか。

「コーディネートのよさやリズムゲームの得点で、ファン数がどんどん上がっていくんです。それが全国ランクや都道府県ランクとなって可視化されるので、やる気が止まりません。隣の小学生が僕よりも上手いと悔しいんです。負けず嫌いなんですかね(笑)。

 また、アニメ化されたこともあって、キャラクターそのものにも萌えてます。アニメのグッズや同人誌にお金をかけるのと、大差ないです」(同前)

 メディアミックスが進んだことで、女児向けアーカードゲームに男性ファンまで取り込むほどの人気となったようだ。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
自粛・節電ムードで『人生ゲーム』などアナログ玩具が人気
カツラバレ要注意点 鬼門は眉毛、前髪生え際、後ろ髪のハネ
着脱型カツラの2つの難点 「頭に汗かきズレる」「強風に弱い」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP