ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東京の思い出に、苦手な野菜克服に!?進化系野菜スイーツ「スープスイーツ」をどうぞ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シュークリームやエクレア、ロールケーキなど、お手軽スイーツとして、コンビニなどでもおなじみのモンテールが、羽田エクセルホテル東急とタッグを組んだ!羽田エクセルホテル東急 カフェ&ダイニング「フライヤーズテーブル」では、8月17日~9月30日の期間、野菜を使った限定スイーツ「スープスイーツ・プチ」を展開する。

フライヤーズテーブルは、日本野菜ソムリエ協会認定レストランで、産直野菜をふんだんに使ったメニューが人気のお店。そんな野菜メニューを得意とするレストランで提供するスープスイーツ・プチは、ここでしか味わうことができないオリジナリティーあふれる一品だ。

このコラボは、「スープスイーツプロジェクト」の1つとして、モンテールが8月から発売をスタートした、野菜の甘みと冷たいスープのような味わいが一緒に楽しめる進化系野菜スイーツ「スープスイーツ」(コーン、かぼちゃ各210円)を、ホテルやレストラン独自のアレンジで新たにメニュー化したもの。

トマトやグリーンピース、パプリカなど、計5種類の野菜を使用し、それぞれの野菜の特徴を生かした、色とりどりのスープスイーツ計7種類(時期により提供する商品数が異なる)を展開する。土日祝日限定のランチビュッフェのデザート(7種類のうち数種類を提供/大人2900円、小学生1700円)として、あるいは常時食べられる野菜中心の和風御膳「ヘルシー御膳」のデザート(7種類のうち1種類を提供、種類は選べない/1900円)として味わえる。

こんなに見た目もかわいいなら、苦手な野菜も楽しく食べられそう。羽田エクセルホテル東急は、羽田空港国内線第2旅客ターミナル出発ロビーに直結している。今しか味わうことのできない野菜スイーツを、東京での思い出の1つにしてみてはいかが?スープスイーツをもっと知りたくなったら、HP(https://www.monteur.co.jp/fair/87.html)をチェックして。

ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP