ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Facebook・Twitter・Google+に対応したSNSクライアントアプリ「Jift」、タイムライン・ストリーム以外の表示や投稿のクロスポストにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、Twitter、Facebook、Google+の3大SNSを同時に利用することができるSNSクライアントアプリ「Jift」を紹介します。アプリは無料(広告付き)。対応機種はAndroid 4.0以上を搭載した端末です。「Jift」は、FacebookとTwitterのタイムライン、Google+のストリームを個別、または統合表示で閲覧することができ、各サービスへの投稿を1箇所から行なうことができるSNSクライアントアプリです。これらのSNSを利用している方は「Jift」を利用すればサービスごとにアプリをインストールする必要がなくなると思います。タイムランやストリームはサービス毎のタブで閲覧できるほか、「Combined」タブで統合表示でも閲覧できます。各タブはタイムライン・ストリームの内容を種類別(Facebookであればニュースフィードのみとか、Google+であれば指定したサークルとか)に切り替えることもできます。投稿機能では、アプリの投稿作成画面で各サービスに対して同時、または個別に投稿を行なうことができるほか、例えばTwitterのツイートをFacebookやGoogleに共有(転送)することもアプリ内で行なうことができます。

「Jift」はタイムラインやストリームの投稿を表示するだけではなく、ナビゲーションバーの「Friends」を選択するとフォロワーを、「Profile」を選択すると自身のプロフィールを、「Photos」を選択すると投投稿した写真を、「Notifications」を選択すると各サービスの通知が表示されます。「Jift(Facebook,Twitter,Google+)」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Google翻訳」がv2.8にアップデート、手書き・カメラ入力のサポート言語が拡大
Xperia Z Ultra C6802に新ビルドのファームウェア「14.1.B.0.475」が配信中
Galaxy Note IIIのモデル別発売国・地域リストが公開、日本にはLTE版が投入される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP