ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界初!映画上映中に楽しむアプリ誕生!「貞子3D2」の恐怖がさらにアップ!?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

“映画館では携帯電話を切る”という世の常識を覆す、世界初の映画連動型スマホアプリがリリースされた。

この新発想のアプリ「スマ4D(スマフォーディー)」は、8月30日公開の映画「貞子3D2」に連動。専用劇場で使えば、映画本編だけでは味わえない臨場感溢れる恐怖体感ができるという。

「貞子3D2」は、前作「貞子3D」から5年後が舞台。世間で多発している謎の突然死と“呪いの動画”事件の関係が明らかになるにつれ、登場人物たちにも恐怖が近づく…というストーリーだ。

この映画の連動アプリを使えば、劇中の電話が自分にかかってきたり、突然スマホが叫んだり、本編終了後、貞子から何かが届いたりと、スクリーンだけでは味わえない恐怖を味わうことができる。使い方は簡単。事前にダウンロード(無料)し、上映前に起動するだけだ。

映画と連動したアプリは史上初。夏の暑さを吹き飛ばすような恐怖体験をしたい人は、ぜひ劇場でこのアプリを試してみてほしい。

アプリはiOS、Androidに対応しており、詳細はHP(http://www.sadako3d.jp/suma4d/index.html)で確認できる。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。