ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

白石晃士監督×アプガ仙石&佐藤、映画「讐 ~ADA~」対談を更新!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

ホラー映画界の鬼才・白石晃士監督がこの夏放った最新作「讐 ~ADA~」。フェイクドキュメンタリータッチの〈戦慄篇〉、ドラマタッチの〈絶望篇〉からなる二部作で、とある進学塾を舞台に凄惨な復讐劇が繰り広げられるホラー・サスペンス映画だ。この主演を務めたのは、タワーレコードのアイドル専門レーベル〈T-Palette Records〉にて活躍するアップアップガールズ(仮)の仙石みなみと佐藤綾乃。さらにアプガのほかのメンバーや、レーベルメイトでもあるバニラビーンズのレナとリサ、lyrical schoolのmei(芽依)、キャラメル☆リボンも出演している。

今回は、同メンツによる特別ユニット=T-Palette mini All Starsが歌う主題歌『Bad Blood/Hereafter』のシングル・リリースに合わせて、白石監督と主演の2人を交えたスペシャル・インタヴューをお届け! 映画で描かれているテーマや演技などについて、たっぷりと語ってもらった。

★記事はこちらから

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP