ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアの新バージョン「4.3.11」の配信が開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが昨夜よりGoogle Playストアの最新版「4.3.11」の配信を開始した模様です。アプリは自動更新されるので、一般のアプリと同じようにGoogle Playストアからアップデートすることはできませんが、下記のリンクではapkファイルが配信されており、それを用いて手動でアップデートすることはできます。アップデート内容は公表されていませんが、前回バージョン「4.3.10」からわずか0.0.01バージョンが上がっただけなので、マイナーアップデートと思われます。Android Policeの分析によると、ロケール設定に関する修正、SearchAdapterとPlayTabContainerにおけるマイナーチェンジが行われているそうです。4.3.10の配信以降、アプリをダウンロードまたはアップデートする際に「パッケージファイルが無効」といったエラーメッセージが表示され、処理を完了できない現象が多発しています。Googleはこの問題を認識しており、改善のために調査を行っているとGoogle Playのサポートフォーラムで述べていました。現象の発生時期から4.3.10の不具合とみられていますが、現在ではアップデート開始直後に比べて発生頻度が激減していることを考えると、アプリの問題ではなく、Google Playストアの配信サーバ側の問題をみられています。Source : XDA DevelopersGoogle PlayサポートフォーラムAndroid Police



(juggly.cn)記事関連リンク
KDDI版“Honami”? Sony Mobile製「PM-0470-BV」がFCCの認証を取得
ASUS、2014年Q4中にもChromebook市場に参入?
Facebook・Twitter・Google+に対応したSNSクライアントアプリ「Jift」、タイムライン・ストリーム以外の表示や投稿のクロスポストにも対応

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。