ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

クラウドストレージサービス「Box」の公式Androidアプリがv2.2.0にアップデート、アプリUIが一新、マルチユーザーにも対応

DATE:
  • ガジェット通信を≫

クラウドストレージサービス「Box」の公式Androidアプリがv2.2.0にアップデートされました。今回のアップデートはアプリUIの刷新を伴う大規模なものとなっています。新UIではスライド型のナビゲーションバーを備えたモダンなデザインを採用し、どの画面を表示していてもフォルダ一覧や更新フィード、アプリ設定画面にアクセスできるようになりました。「更新」フィードの内容も一新し、PDFやオフィス系文書は表紙がプレビュー表示されるようになったほか、フィードの表示をファイルの更新者でフィルタリングすることもできるようになりました。UIの面ではこのほか、ファイルとフォルダサイズのローカライズ、フォルダの名前/日付/サイズでのソート、ファイル一覧のグリッド表示にも対応しました。新バージョンでは、アプリに復数のBOXアカウントを登録できるようになり、ナビゲーションバーに表示されているアカウント名から「アカウントの切り替え」をタップすると、別のユーザーアカウントでBoxを利用できるようになりました。後は、ホームスクリーンウィジェットがリサイズに対応し、内部をスクロールできるようになりました。オフライン保存したファイルのリアルタイム更新にも対応、新たにフィンランド語もサポートされています。「Box」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
ASUS、新型Androidタブレット「MeMo Pad FHD10 LTE」の公式動画を公開
GIGABYTEの新型スマートフォン「GSmart AKU A1」がロシアで8月中に発売、4.5インチFWVGAディスプレイ、1.2GHzクアッドコアプロセサを搭載
歩歩高(BBK)の新型スマートフォン「Vivo X3」は8月22日に発表される予定

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。