ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デートに最適、進化系ビアガーデン

DATE:
  • ガジェット通信を≫

夏といえば「ビアガーデン」。吹き抜ける風を浴びながら飲む生ビールのうまいこと。いっそ、ビアガーデンに住みたいとすら思う。

【画像や図表を見る】

そんなわけで、今年も各地に登場している様々な「進化系」ビアガーデンをご紹介しよう。

まず、デートにぴったりなのは、聖路加ガーデン最上階の「レストラン ルーク 天空のビアテラス」(~9月27日)。地上221mと、ビアガーデンとしては都内でもっとも高所にあり、夜景も抜群。スカイツリー特別メニューも用意されている。

高所系では、名古屋ミッドランドスクエア屋上の「スターダストラウンジ・ビアガーデン」(~9月29日)も地上220mと負けてはいない。7月からは開店が15時(土日祝は13時~)というのもうれしい。

さらに、「ビアテラス代々木ビレッジ」(~ 9月下旬)もカップルにおすすめ。「NIGHT GARDEN」というコンセプトのもと、緑に囲まれたオアシス風の空間を演出している。靴を脱いで裸足でくつろぐこともできる芝生のテーブル席は開放感たっぷりだ。

ユニークなのは、よみうりランドの「夜プール・ビアガーデン」(7月28日~9月8日の土日および8月9日~8月16日)。文字どおり、プールで泳ぎ放題。南国リゾートの気分を味わえる。

松屋銀座の屋上フロア「ソラトニワGINZA」にオープンしたのは、「“美しくなるビアガーデン”Beer&BBQ&Bar terrace@888」(~9月30日)。「女性のための美しくなるビアガーデン」と銘打ち、野菜バーベキューやハチミツを使用したカクテルなど、ヘルシーなメニューが充実している。

また、キリンが仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の6都市に展開するのが「一番搾りガーデン」(営業期間は都市によって異なる)。「一番搾りフローズン 」をはじめ、様々なビアカクテルが楽しめるほか、スタウトで茹でた枝豆や、ころもを「一番絞り」で溶いた白身魚のフライなど、こだわりのメニューにも注目だ。

最後は、ラマダホテル大阪の屋上にある「ラマダ ビアガーデン」(~10月5日)。ここのウリは、幻想的にライトアップされた空間でのベリーダンスショー。情熱的で激しい腰使いにビールが進まないはずがない。予約を取るのが難しいほどの人気だという。なお、ホテルが今年12月末で閉館するため、貴重なラスト営業となる。

さて、そろそろ日も暮れる。一杯いきますか!

(石原たきび)
(R25編集部)

デートに最適、進化系ビアガーデンはコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
新iPhoneの噂まとめ
カスタマーサポート推進企業増加中
スマホクーポン1週間おトク生活
女子ウケのいいLINEスタンプは?
スマホの暇つぶし コスパ最強は?

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP