ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアのアプリページをワンクリックで他の言語版に切り替えられるChrome拡張機能「Store Language Switcher」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

先月行われたWEBサイト版Google Playストアのリニューアルで言語選択メニューが無くなり、他言語版に切り替えることが容易ではなくなりましたが、Chromeウェブスストアでリリースされた「Play Store Language Switcher」という拡張機能を利用することで、アプリページをワンクリックで好きな言語版に切り替えることができます。例えばアプリがアップデートされた場合、アプリの中には英語ページには変更内容が掲載されているものの、日本語ページには掲載されていない、といったことが度々見受けられますが、そういった場合にこの拡張機能を利用することで他言語ページで変更内容を確認できるようになります。また、海外ユーザーのコメントも閲覧できるようになります。「Play Store Language Switcher」の利用方法は、Chromeウェブストアから拡張機能をインストールした後、Google Playストアでアプリページを開きます。すると、アドレスバー右端に緑色のドロイド君アイコンが表示されます。それをクリックして言語一覧から切り替えたい言語をクリックします。「Play Store Language Switcher」(Chromeウェアストア)Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Samsungの2画面・折りたたみ式スマートフォン新モデル「SCH-W789」の公式画像が流出
Galaxy S 4 mini GT-I9195用の非公式CyanongenMod 10.1がリリース
韓国で行われた「LG G2」のイベントで20人余りの負傷者を出す事故が発生

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP