ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

EXO、超新星、サザン、マンウィズが好発進! 今週のタワレコ・チャート

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

タワーレコード全店の8月5日~8月11日集計の週間チャートを発表します!

〈アルバム〉
1. EXO 『XOXO: EXO Vol.1』
2. マキシマム ザ ホルモン 『予襲復讐』
3. SPYAIR 『MILLION』
4. T-ARA 『TREASURE BOX』
5. SOIL&“PIMP”SESSIONS 『CIRCLES』
6位以下などの詳細はこちらから

〈シングル〉
1. 超新星 “WINNER”
2. サザンオールスターズ “ピースとハイライト”
3. 赤西仁 “HEY WHAT’S UP?”
4. アフィリア・サーガ “ネプテューヌ☆サガして”
5. LinQ “HANABI!!”
6位以下などの詳細はこちらから

〈DVD〉
1. MAN WITH A MISSION 「狼大全集 II」
2. KinKi Kids 「KinKi Kids Concert -Thank you for 15years- 2012-2013」
3. 電気グルーヴ 「人間も動物 ツアーパンダ 2013」
4.「テッド」
5. RITCHIE BLACKMORE’S RAINBOW 「Black Masquerade」
6位以下などの詳細はこちらから

 

アルバム・チャートで1位となったのは、韓国および中国のボーイズ・グループであるEXO-KとEXO-Mが合体したユニット、EXOの『XOXO: EXO Vol.1』。さらに、公開中の映画「劇場版銀魂 完結篇 万事屋よ永遠なれ」の主題歌“現状ディストラクション”などを収めたSPYAIRのサード・アルバム『MILLION』が3位、大ヒット作『Jewelry box』に続くT-ARAの日本セカンド作『TREASURE BOX』が4位、SOIL&“PIMP”SESSIONSがRHYMESTERや椎名林檎ら10組を迎えた初のフィーチャリング・アルバム『CIRCLES』が5位に初登場しています。

トップ5すべてが初登場作品となったシングル・チャートでは、リーダー・ユナクが除隊してグループにカムバックした超新星の新曲“WINNER”が1位。続いて、5年ぶりの復活を果たしたサザンオールスターズの“ピースとハイライト”が2位に。こちらはフォルクスワーゲンのCMソングである表題曲や、三井住友銀行のCM曲“栄光の男”を含む4曲を収録しています。3位には、〈TOKYOの街がパーティー化〉をコンセプトにしたPVも話題の赤西仁による“HEY WHAT’S UP?”がランクイン。4位はアフィリア・サーガ、5位はLinQと、女性アイドル・グループの新曲も好スタートを切っています。

DVDチャートはオオカミ・バンドとしてお馴染み、MAN WITH A MISSIONが今年5月に開催した東京・日本武道館公演の模様が楽しめる「狼大全集 II」が首位を獲得。そしてKinKi Kidsによる毎年恒例の年越しイヴェントを映像化したアイテム、電気グルーヴが今年3月にZepp Diver City Tokyoで行ったライヴのパッケージ、元ディープ・パープルのリッチー・ブラックモア率いるリッチー・ブラックモアズ・レインボーが95年に実施したドイツ公演でのステージが記録されたタイトルがトップ5に初登場しました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP