ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

第3世代Kindle FireではプロセッサがTI OMAP 4470 1.5GHzにアップグレードされているという噂

DATE:
  • ガジェット通信を≫

米国のBGRがAmazonの第3世代Kindle Fireタブレット(Kindle Fireシリーズの中でも最も安いモデル)の主要スペックを匿名人物から得た情報として伝えています。今年のKidnle Fireタブレットは2012年モデルのKindle Fire、Kindle Fire HD、Kindle Fire HD 8.9をそれぞれアップグレードしたかのようなラインアップで展開され、このうち、Kindle Fire HDとKindle Fire HD 8.9では、さらに高い解像度のディスプレイを搭載し、プロセッサはSnapdragon 800に変わると噂されています。今回は最も安いKidnle Fire後継の一部スペックが伝えられていました。BGRによると、新型Kindle Fireは7インチディスプレイ、TI OMAP 4470 1.5GHzデュアルコアプロセッサ、1GB RAMを搭載し、8GBモデルは現行のKindle Fireと同じ$159で発売される見込みとのことです。また、2013年モデルの全てにAndroid 4.2.2をベースにAmazonがカスタマイズしたファームウェアが搭載されているそうです。今噂されているこれら3種類のKindle Fireタブレットは例年通り、今年の秋に発表される見込みとのことです。Source : BGR



(juggly.cn)記事関連リンク
Google Playストアで映画レンタル・ダウンロード販売の値引きセールが期間限定で実施中
Archosはゲーミングタブレット「GamePad 2」を開発中
LG G2韓国版の開封動画

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。