ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android端末がセカンドスクリーンになる、Chromecastエミューレーター「CheapCast」が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android向けに「CheapCast」と呼ばれるChromecastのエミュレーターアプリが開発されている模様です。ドイツ人のSebastian Mauer氏が自身のGoogle+ページでそのことを明らかにしました。「CheapCast」はAndroid端末をChromecast対応アプリの受信機に変えるアプリ。Android端末がChromecastを接続したテレビのようになってしまいます。このアプリを搭載した端末をHDMIケーブルでテレビに接続すれば、わざわざ$35のHDMIスティックを買う必要がなくなりそうです。デモ動画ではスマートフォンからホワイトカラーのタブレット上にYouTubeの動画を転送して再生している様子を確認できます。タブレットの待ち受け画面もChromecast風ですね。「CheapCast」はまだリリースされていません(リリース時期も不明です)。更新:ベータ版がGoogle Playストアでリリースされました。Source : Google+



(juggly.cn)記事関連リンク
Galaxy Note IIIはAndroid 4.3で発売される模様
日本、中国、香港、台湾における2013年上半期のAndroidスマートフォン人気ランキング
Android版「ワタミグループ公式アプリ」がリニューアル、アプリ来店ポイントシステムを搭載(プレスリリース)

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP