ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

スリープ中でも音声でGoogle Nowを呼び出せる、「Moto X」の“Always-On”機能を再現したAndroidアプリ「Open Mic+ for Google Now」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

画面がONでもOFFでも、どの画面を表示していても端末に呼びかけるだけでGoogle Nowを起動することができるAndroidアプリ「Open Mic+ for Google Now」がGoogle Playストアで配信されています。アプリの価格は無料。対応機種はAndroid 4.1以上を搭載し端末です。Open Mic+は、Motorolaの新フラッグシップ「Moto X」の特徴的な機能である音声入力を常に待ち受ける“Always-on”機能を他のAndroid端末向けに再現したようなアプリで、アプリをインストールしてサービスを起動すれば、スリープ中でもホーム画面を表示している場合でも、事前に設定したフレーズを話すだけでGoogle Nowを起動することができます。Google Nowには情報をカード風に表示するだけではなく、音声でWEB検索を行ったり、電話をかけたりと端末を操作することもできます。何ができるのかについては、こちらの記事で紹介しています。Open Mic+の利用方法は、アプリを起動して「Start」ボタンを押すとサービスが起動するので、デフォルトのフレーズ「Okey Google」を話すとGoogle Nowが起動します。起動フレーズはアプリの設定画面から変更できるので、話しやすいフレーズを設定しておくと良いでしょう。日本語のフレーズでも起動するようなので、例えば“もしもし”や“グーグル”などの日本語に変更しておくと反応しやすくなるかと思います。Open Mic+はけっこう便利なアプリだと思いますが、機種によって起動フレーズへの応答精度・速度にバラつきが見られるので、Google Nowを呼び出せない機種もあるかもしれません。「Open Mic+ for Google Now」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「ワタミグループ公式アプリ」がリニューアル、アプリ来店ポイントシステムを搭載(プレスリリース)
Galaxy Note IIIには3,450mAhバッテリーが積まれているという噂
JRの時刻表をホーム画面で閲覧できるウィジェットアプリ「ポケット時刻表」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP