ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Android版「Firefox 24」のベータ版がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

MozillaのAndroid向けFirefoxの新バージョン「Firefox 24」のベータ版がリリースされました。Android版Firefox 24で、W3Cで標準化が進められているWebRTCに対応しました。WebRTCはブラウザ上でボイスチャットやビデオチャットなどのリアルタイムコミュニケーションを実現するためのフレームワークで、WEBブラウザから端末のカメラに直接アクセスすることなどができるようになります。また、NFC端末同士を重ねるだけでリンクやファイルを共有できるAndroidビームに対応し、タブで表示したWEBページを別のNFC端末にかざすだけで転送できるようになりました(Firefox 23でもAndroidビームは動作していましたが、WEBページのリンクは転送されませんでした)。ベータ版での新機能は次の通りです。 WebRTCをサポート NFC端末間で開いたタブを共有可能に メインメニューの「共有」にアプリをリスト表示 TalkBackにおける点字、ポップアップ通知、Doorhangerをサポート 夜間モードの自動切り替え機能を追加「Firefox 24」(Google Playストア)Source : Mozila



(juggly.cn)記事関連リンク
回線速度情報共有サイト「LiveSpeed」に、指定した場所の速度情報を共有・閲覧できる新機能「PointSpeed」が追加
レストランの位置情報をワンクリックで登録できる飲食店記録アプリ「マイレストラン」がリリース
第3世代Kindle FireではプロセッサがTI OMAP 4470 1.5GHzにアップグレードされているという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP