ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

空前のテレビドラマ人気 小劇場出身の舞台役者が支えている

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 久々のドラマブームといえるかもしれない。作家で五感生活研究所代表の山下柚実氏が、その内実を分析した。

 * * *
 この夏は「半沢直樹」「あまちゃん」の大ヒットで、俄然テレビドラマに注目が集まっています。銀行員の間でドラマが話題になったり。ドラマ視聴が男性にも広く根をおろしつつあることが、この夏の特徴と言えるのではないでしょうか。

 ほんの少し前までは、「テレビドラマは女子どもが見るもの」「くだらないから話題にしない」と断定する風潮もありました。私のコラムにもそんな感想が寄せられたりしましたし。ドラマをめぐって今、世の中の気分やメディアの論調が変化しつつある。その変化の早さにはちょっと驚かされます。

 見る人の幅が広がった原因を考えてみると……もちろん脚本やテーマ設定も一因ですが、もう一つ。登場する役者や制作陣の「存在感」が作用している、とは言えないでしょうか?

「半沢直樹」の堺雅人。「あまちゃん」のクドカン。まさしく、余人をもって代え難い存在感を放っています。「この人でなければ、この味は出せない」。そう思わせる個性や存在感がテレビドラマの世界を奥深くし、また面白くしているのでは。

 堺雅人も、クドカンも、「あまちゃん」ワールドを賑わせている松尾スズキ、荒川良々らクドカンファミリーも、あるいは渡辺えり、片桐はいり、木野花、古田新太も……共通項があります。それはみんな「小劇場」の出身者で、舞台で育ってきている、ということです。

 かつて、テレビの中の人気者は、演劇舞台とは離れた場所にいました。特に「アングラ」「小劇場」と呼ばれるマイナー系(テレビ的大御所に対して)は、触ってもいけないし踏み込んでもいけない、いわばアブナイ領域でした。もちろんその出身者が、メジャーなテレビドラマに出ることもごくごく限られていたのです。

 テレビ系人気者と、アングラ系舞台とは水と油。メジャーとマイナー、棲み分けていました。

 しかし、80年代頃から、その2つの世界を分ける境界線が溶解していったのです。つかこうへい、野田秀樹、蜷川幸雄といったアングラ劇団出身の演出家が、テレビ系人気者をあえてキャスティングし始めます。

 今や「セカイの~」と語られる蜷川氏も、40年ほど前は石橋蓮司らと小劇団を結成し、唐十郎の超難解な書き下ろしアングラ劇と格闘していた人。その後、一転して商業演劇へと進出し、東山紀之、二宮和也、松本潤といったジャニーズの面々を臆面なくキャスティング。宮沢りえも小栗旬も、そうやって生の舞台に上がり、アングラ戯曲を通じて磨かれ鍛えられていきました。

 生の舞台は怖い。観客の目が突き刺さる。やり直しが効かない。一回性の勝負をかける場所。しかもアングラの代表・唐十郎の戯曲なんて、複雑で猥雑でストーリーは絡まり合い理解は超難しい。その分、アイドルや人気タレントのイメージも破綻してしまう危険性をはらむ。ぎりぎりの緊張感ゆえにまた、眠っている才能は目覚め、磨かれていく。

 そうして鍛えられた人気者たちが、いきいきとテレビドラマで主役をはる。そんな時代がやってきた。脇を固める面々も--小林薫、大杉蓮、佐野史郎といったテレビでおなじみのあの人々もみな、アングラ舞台から育った、いぶし銀のような役者たちです。

 テレビドラマは今、その意味で一つの黄金期、収穫期を迎えている、と言えるのではないでしょうか。



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
好調『半沢直樹』に壇蜜登場で現場では“困った事態”が発生
夏ドラマ「堺、満島、黒谷、福士」の芝居に要注目と女性作家
元テレビP「あまちゃんはヒットドラマの要素全て持ってる」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP