ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ビジネスマンの「サマ会」事情を大調査

DATE:
  • ガジェット通信を≫

連日暑~い今年の夏は、まだ折り返し地点。これからも飲み会の多い日々が続きそうだ。ところでビジネスマンたちは、夏の宴会=「サマ会」をどのように楽しんでいるのだろう? みんなの事情を探ってみた(1都3県在住の25~34歳の男性会社員100人へのインターネットアンケート結果/2013年7月実施)。すると、様々な悩みや希望が明らかに…。

【画像や図表を見る】

まず「この夏、どんなタイプの飲み会が多い?」(複数回答)という“実情”を聞いてみたところ、結果は以下のようになった。


●仕事仲間(上司・同僚)とグチや感謝を言い合う会…77%
●おいしいごちそうを食べる会…43%
●誕生日や記念日を祝う会…23%
●サシ(1体1)で話し合う会…16%

ビジネスマンだけに、やはり仕事仲間との飲み会が多いようだが、一方で「この夏、どんなタイプの飲み会に行きたい?」(複数回答)という“理想”を聞いてみると…

●おいしいごちそうを食べる会…67%
●仕事仲間(上司・同僚)とグチや感謝を言い合う会…50%
●誕生日や記念日を祝う会…22%
●自分の話を聞いてもらう会…21%

という結果に。おいしいごちそうや自分の話を聞いてもらうという「自分へのごほうび」の飲み会への欲求があるようだ。さらに「こんな飲み会はイヤだ(イヤだった)」というエピソードを聞いてみると…

「上司をヨイショするだけの飲み会はイヤだ」(神奈川県・33歳)、「上司の自慢話を聞いて、お酌に回るだけになってしまった飲み会はつらかった」(千葉県・34歳)、「親会社の偉い人との飲み会で、料理をガツガツ食べることもできず気疲れした。しかも割り勘だった…」(東京都・33歳)など、主に「上司」や「仕事相手(取引先)」にまつわる不満が続出! これも仕事のうちだから仕方がない…と思う一方で、自分が後輩や仕事相手の不満のもとになってはいないか、気をつけたいものだ。

また「この夏の飲み会の場所選びでこだわりたいことは?」を聞いてみたところ、「ビールなどの定番のお酒だけでなく、珍しいお酒も飲み放題で飲めるお店」(千葉県・34歳)、「こだわりのビールや珍しいビールが飲めるバルのような雰囲気がいいお店」(東京都・28歳)、「(おいしい)食べ物もさることながら、そこにしかない日本酒などがある店に行きたい」(31歳・東京都)など、料理だけでなく「お酒へのこだわり」にまつわる回答が目立った。幹事になった際には、ぜひ参考にしたい。

みんなで日ごろの仕事の労をねぎらう「おつかれサマ会」や、自分のワガママやグチをとことん聞いてもらう「おれサマ会」、さらにはひとりで楽しむ「おひとりサマ会」…などなど、「サマ」さえつけば何でもOKな「サマ会」は、飲みに行くきっかけを作るための合言葉。そりゃ、みんなの思いはいろいろあるけれど、せっかくの飲める機会、みんなが喜ぶお店を選んで、暑さやストレスを思いっきり解消しよう!
(R25編集部)

ビジネスマンの「サマ会」事情を大調査はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP