ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「目に見えない」ヘルメットが話題

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スウェーデン人の女性2人が開発したという「目に見えない」自転車用ヘルメットが、トレンドサイト「Wired.jp」の「『目に見えない』自転車用ヘルメット:スウェーデンの女子大生が発明」という記事で紹介され、話題になっている。

【画像や図表を見る】

「目に見えない」と聞けば、多くの人は透明な素材でできたものを想像してしまうところ。しかし、同記事で紹介されているヘルメット「Hovding」は、マフラーのように首に巻くスタイルのもので、衝突や転倒などの事故に遭った際、瞬時にエアバックのように頭部を覆うヘルメットが出現する仕組みになっているのだという。

ヘルメットにつきまといがちな「かさばる」や「髪型が崩れる」といった悩みから解放されるというこの「Hovding」。記事では、安全性が高いことも説明されており、YouTubeにアップされているクラッシュテストを行った際の動画も紹介されている。

8月6日に公開された同記事は、8月7日17時時点でフェイスブックでは約3万1000回「いいね!」が押されており、ツイッターでも記事ツイートの数が約3200件となっている。さらに、2ちゃんねる・ニュース速報板にもこのヘルメットについて、「【衝撃】 『目に見えない』自転車用ヘルメット スウェーデンの女子大生が発明 (画像あり) !!!!」というスレッドが登場。同スレッドには、

「事故じゃない時に膨らんだらめちゃくちゃ恥ずかしいな」
「誤動作の可能性考えたら、普通のヘルメットのほうがイイな」

といったエアバックの誤動作のリスクを考える声も少数あるものの、

「この発想はなかった」
「これすごいなw
これが標準に装備になれば値段は安くなるだろ」
「これ、ほしいわ。
つか、子供のプレゼント価格帯まで落ちる生産性ができたら爆発的ヒット商品だろ」
(すべて原文ママ)

など、興味を持つ声が多く見られた。記事では同商品の値段は日本円で5万円以上すると紹介されており、興味を持つユーザーは、生産量が増えることで値段が下がり、手に入りやすくなることを期待しているようだ。
(R25編集部)

「目に見えない」ヘルメットが話題はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

(web R25)記事関連リンク
大人も対象のヘルメット条例に賛否
自転車用方向指示器で右左折も安心
“いい話”にツイッターで批判殺到
軽くてタフな自分目線ビデオカメラ
R25をオフラインで読める無料アプリ(外部サイト)

カテゴリー : 未分類 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP