ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

自動音声翻訳とオペレーターによる電話通訳に対応した翻訳アプリ「SmartTrip」がリリース

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アシストオールは8月1日、音声入力による翻訳とオペレーターによる通訳に対応した翻訳アプリ「SmartTrip」をリリースしました。アプリは無料。対応機種はAndroid 2.3以上を搭載した端末です。「SmartTrip」は、Google翻訳アプリの会話モードのようにしゃべった声を翻訳して相手に伝える「自動翻訳」と、専門のオペレーターが電話で通訳を行なってくれる「電話通訳」を利用できるアプリ。海外旅行で現地の人との会話に困った場合の利用を想定した翻訳アプリです。「自動翻訳」機能は無料で利用できますが、「電話通訳」機能は有料です。新規登録料525円で、通訳料として1分150円かかります。また、別途電話料金もかかりますが、IP電話の「050Plus」に対応しており、それを利用した場合、通話料は無料になります。「自動翻訳」の対応言語は、日本語、英語、中国語、韓国語、ドイツ語、スペイン語、フランス語、イタリア語、アラビア語、チェコ語、デンマーク語、ギリシア語、フィンランド語、ハンガリー語、インドネシア語、オランダ語、ノルウェー語、ポーランド語、ポルトガル語、ルーマニア語、スロバキア語、スウェーデン語、トルコ語、ベトナム語、繁体中国語の計25言語。「電話通訳」の対応言語は日本語、英語、中国語、韓国語です。「SmartTrip」(Google Playストア)



(juggly.cn)記事関連リンク
Google製HDMIスティック「Chromecast」開封の儀&ファーストインプレッション
Sony Mobile未提供のファームウェア「6.2.B.1.96」を搭載した「Xperia SL LT26ii」のスクリーンショットが流出
AmazonがAndroidベースのコンソールゲーム機を開発しており、ホリデーシーズンに発売されるという噂

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP