体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

スクエニを騙るフィッシングメールの内容があまりにバカすぎる件

迷惑メール

スクウェア・エニックスやハンゲームなど大手ゲーム会社の名前を騙って送られてくるフィッシングメール。以前から不特定多数の人に送信され、個人情報を盗まれるなどの被害が出ています。

【関連:最近の迷惑メールが「おもしろすぎる」と話題】

迷惑メール

フィッシングメールは、送信した相手を自分が公開するサイトに誘導し、個人情報などを入力させ情報を抜き取ること目的とし送られるもの。そのため、送信してくる詐欺集団は騙る相手にみられるよう、様々な工夫をこらして送ってくるわけですが、このところ送られてくるそうした詐欺メール=フィッシングメールが以前に比べ格段に質が落ち、思わず苦笑してしまうほどになってきています。

今回は「迷惑メール収集家」の記者のもとにも送られてきた、そんなゲーム会社を騙るフィッシングメールの数々を話題のネタの一つとしてご紹介。

 
まずはこちらをご覧ください。最初に出来がいいものからご紹介します。初期の頃に来ていたスクエニを騙るフィッシングメールです。

▽騙す気まんまんなフィッシングメール

・件名:[スクエニ メンバーズ]パスワード再設定手続きのご案内
・差出:メンバーズ事務局
・宛先:記者が利用しているアドレス

・本文:
◆既に報道されておりますが、オンラインサービスを提供している他社において 数千万件規模でID、パスワードやクレジット情報などの会員情報が不正アクセスの影響により 流失したとの情報を確認いたしました。 ◆本人確認のための認証メールを送信いたします。 メールを受信して、記載されているURLをクリックしてください。 :

https://secure.square-enix.com~

<ツッコミポイント>
本文に改行がない、文末に署名が書かれていないなどの不自然さはあるものの、送信アドレスや掲載URLが正規を騙っているため騙される人が多いフィッシングメールです。
記載されるURLをクリックすると、記載されるものとは異なるURLのサイトに誘導されます。ただ、誘導先サイトは、実際にスクエニにあるサイトに似せて作られているため、URLをきちんと確認しなければ本物だと思い込んでしまいます。
文章の違和感もあり注意深い人は騙されませんが、このメールはしつこく送られてくるため、途中不安になり引っかかってしまう人も多いようです。騙す気まんまんなやる気が感じられるフィッシングメール。

 
そして次に、騙す気があるのかないのか分からない“やる気のない”フィッシングメールを3つ紹介。

▽騙す気が感じられないフィッシングメール

――完全に日本語が変なフィッシングメール

・件名:あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常
・差出:メンバーズ事務局
・宛先:記者が利用しているアドレス

・本文:
スクウェア·エニックスアカウント管理システム
あなたのスクウェア·エニックスアカウントの異常、ログインしてください:http://secure.square-enix~
商品やサービス側に関連するサポート情報
スクウェア·エニックスサポートセンター

http://secure.square-enix~

※サイト、検索機能の様々な製品やサービスの利用
サポート情報は確認した。
スクウェア·エニックスサポートセンターのご意見やご要件、ご使用ください

<ツッコミポイント>
送信アドレスを正規に偽装している点は最初に紹介したものと同じ。ただしタイトルと本文がダメダメなのですぐに詐欺メールだとわかってしまうものです。恐らくGoogle翻訳かなにかを使用して機械的に日本語を翻訳したものなんでしょうね。
ちなみに掲載されている管理画面への誘導URLも「https」ではなく「http」になっており、多少インターネットの知識がある人にはすぐ見分けがつくレベル。

1 2次のページ
おたくま経済新聞の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。