ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桑田佳祐の長男 バンド「READ ALOUD」でデビューしていた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 8月7日に5年ぶりとなるシングル『ピースとハイライト』を発売し、8月10日の日産スタジアムから全国ツアーもスタートするサザンオールスターズ。そんななか、桑田佳祐(57才)と原由子(56才)の長男・祐宜(ゆうき・27才)が、昨年11月にロックバンド・『READ ALOUD』(リード・アラウド)でCDデビューしていた。

「祐宜くんは、このバンドでギター&ボーカルを担当して、桑田さんと同じように作詞・作曲も手がけています。今年6月にはセカンドアルバムもリリースして、今はバンドの名前を売るために、全国のライブハウスを回って、地道な音楽活動を続けているんです」(音楽関係者)

 7月下旬、記者は『READ ALOUD』のライブが行われた群馬県高崎市のライブハウスを訪れた。

「どうもREAD ALOUDです!」

 ステージの真ん中に立った彼は黒縁メガネをかけ、あごひげを生やしていたが、どことなく桑田の面影がある。歌い始めると、しゃがれた声質、押し出し感に溢れた声量、そしてその癖の強い歌い方に至るまで、父と瓜ふたつだった。

 高校時代からバンド活動をしていた祐宜にはこれまでもデビューの誘いはあったが、「親父と比べられるのは嫌だ」と断っていたという。さらには、桑田も「まだデビューできる実力なんてない。どうしてもデビューしたいのだったら、絶対に『桑田』の名前を使うな。それでもデビューさせてくれるところがあるなら、すればい」と反対していた。

 それがなぜ突然、デビューしたのだろうか──きっかけは桑田の食道がんだった。

「祐宜が桑田さんの病気のことを外で口にすることは、ほとんどありませんけど、病気になってからは、雰囲気がガラリと変わりました。“もう親には心配かけられない”といった感じで…。それまで趣味感覚でやってたバンドも、本気でデビューを目指してくれるメンバーにチェンジしたりと、真剣に音楽に向き合うようになっていきました」(桑田家の知人)

 そんな息子の姿を見て、桑田も頑なだった心を変えていく。わが子が本気で自分の生きる道を見つけてくれた喜びに、父は胸を熱くした。

「あれだけ祐宜のデビューに反対していた桑田さんが、ついに“OK”を出したんです。しかも、桑田さんのレコード会社と所属事務所が全面的にサポートしていて、万全の体制を敷いているんです。大病したことで桑田さん、“元気なうちに、親として息子にしてあげられることはなんだろう”って思ったようです」(前出・桑田家の知人)

 祐宜は、今年3月から、ラジオでレギュラー番組も持ち、徐々に活動の場も広げている。

※女性セブン2013年8月22・29日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
桑田佳祐「がんが再発するかも…」とサザン復活を5年早めた
桑田佳祐ものまねタレント 本人の目の前で歌披露した過去
年齢差は14才 綾野剛と橋本愛が渋谷のカフェでデートする

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP