ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

シンガポールで見た、日本との産業政策の圧倒的な違い。長期的な戦略がなければ、産業の育成はできない。(中央大学教授 竹内健)

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
シンガポールで見た、日本との産業政策の圧倒的な違い。長期的な戦略がなければ、産業の育成はできない。(中央大学教授 竹内健)

今回は竹内 健さんのブログ『竹内研究室の日記』からご寄稿いただきました。
※この記事は2013年08月03日に書かれたものです。

シンガポールで見た、日本との産業政策の圧倒的な違い。長期的な戦略がなければ、産業の育成はできない。(中央大学教授 竹内健)

シンガポールの出張から帰ってきました。

車内から見る田園風景は本当に美しい。日本はいいなあと思う瞬間です。

今回の出張は国際会議の委員会でシンガポールに滞在したのは、実質1日だけ。

委員会の仕事以外にも、現地の大学の人と色々な話ができて良かった。

実はこのところシンガポールに呼ばれることが多く、3年連続で訪問しています。

シンガポールは半導体産業、特に回路設計はさほど強くないのですが、国策として強化しているようで、私も個人として呼ばれたり、学会を誘致したり。

そこで、旧知のエンジニアと再会。

以前は三星に居た韓国人で、アメリカの大学に留学してPhDを取った後にリクルートされて、今はシンガポールの大学の先生をしているとのこと。

シンガポールは元々、半導体の製造が強く、TSMC、グローバルファンドリーズやマイクロンなど、世界中の半導体メーカーの巨大工場を誘致している。

今後は製造に留まらず、今まで弱かった回路設計も強化するという戦略だそうです。

産業を育成する鍵は人材ですから、まずは、大学に抜群の研究環境を準備して、有力な教授をかき集めているらしい。

先ほどの人によると、アメリカのトップ10大学と同じレベルの研究環境。

そして、大量の博士学生を集めて、全員に奨学金を与える。

これは、アメリカの大学以上の好環境でしょうね。

日本との格差は歴然。

日本でも時々、政権や省庁の政策で、思いつきのように、数年間ある分野に予算がついたりします。

ただそれも、継続性は保証されず、政権が変わったりしたら、あっさり無くなります。

こういうやり方だと、優秀な人が海外から集めることは難しいし、日本人の学生だって信用してその分野に飛び込めない。

産業を育てるには、人を育てることから。

人を育てるには、10年単位の長期的な戦略、継続性が必要。

言っては悪いですが、行き当たりばったりの日本と、長期戦略に基づいて地に足つけて政策を実行するシンガポール。

彼我の差は圧倒的。

半導体に限らず、どの政策でも同じようなものなんでしょうね。

そういえば、赤道直下の非常に暑い気候なのに、データセンターでも世界の集積地になっています。

半導体+ソフトウエア+ITで戦略的に、世界中の企業、優秀な人材を集めているんでしょうね。

日本はどうするのでしょうかね。

きっと誰も戦略を考えてないから、ボトムアップで頑張るしかないのでしょう。

執筆: この記事は竹内 健さんのブログ『竹内研究室の日記』からご寄稿いただきました。

寄稿いただいた記事は2013年08月07日時点のものです。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。