ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ストレスをためない代用食はコレ!「心理学的ダイエット」でカロリーオフ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

旅行でもデートでも薄着になる季節、露出部分が増えると、体型が気になるものです。
TBSテレビ『私の何がイケないの?』に何度か出演し、偏食に陥りやすい人について解説をしていますが、どうしてもダイエットに失敗してしまうという人のなかにも、食欲とストレスが絡み合ってしまっているというケースが多々あります。
食べるという行為は、一時的な満足感や幸福感を簡単に得ることができ、食べている間だけ、いま抱えているストレスから解放されるので常習化しやすいのです。「もう食べない」と思っても、つい手がのびてしまいます。
そこで今回は、つい食べてしまうもの別、ストレスの傾向とその代わりとなるダイエット食を3パターンご紹介します。
1. ポテトチップスなどのスナック
ポテトチップスなどのスナック菓子は、バリバリとした食感と塩辛さが特徴で、食べているときの刺激がストレス発散になります。気づけば1袋食べてしまうという人は、苛立ちや欲求不満を抱えがちな傾向が。
同じようなストレス発散効果が期待できるものに新鮮なレタスがあるので、大きめにちぎり、冷蔵庫か氷水で冷やし、岩塩かノンオイルのドレッシングをかけてバリバリと食べてみてください。
レタスは100gで約12kcal。標準的なスナック菓子のカロリーは500kcalほどですからだいぶカロリーオフになります。
2. チョコレートやアイスクリームなど甘いもの
チョコレートやアイスクリームなどの甘いものは、心身ともに疲れがたまっているときに欲しくなる食べ物です。やる気が低下したり、寂しさを感じるときにも欲しくなり、甘味の刺激を感じている間、満足感や幸福感を得ます。
同じような効果が得られるものに、はちみつレモンがあります。スライスしたレモンにはちみつをたっぷりかけて、冷蔵庫で冷やしておけばいつでも食べることができます。
小さ目のレモンであれば、1個食べても12kcal程度。はちみつは砂糖よりもカロリーが低く、単糖類なので早く心身の疲れを和らげます。
3. ソーメンやパスタなどの炭水化物
ソーメンやパスタなどの炭水化物を、おなかが膨れるまでいっぱい食べてしまうという傾向は、お子さんによく見られます。
大人になっても、そのような傾向のある人は、立場上、甘えたいのに甘えられないといったストレスが、自分でも知らないうちに溜まっているかもしれません。
同じような効果を得られるものに、ところてんがあります。満腹感を得やすく、たっぷり食べても3kcal程度。いろいろなタレで、おなかいっぱい食べてみてください。大きめのどんぶりなどに入れて食べると、視覚的にも「いっぱい食べたー」という満足感を得やすくなりますよ。
食欲と心の状態はつながっています。同じような心理効果のある食材を上手に使って、心も体型もスッキリ♪ 楽しい夏を過ごしましょう!
Dessert Table image via Shutterstock



(グリッティ)記事関連リンク
「ビール=太る」は嘘!? ダイエットを気にせずお酒を飲むためのルール
食事制限の必要なし☆ ダイエットや便秘解消に心強い植物「サラシア」って?
揚げ物ならエビフライ! 洋食レストランで選びたい太りにくいメニュー

グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP