ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、「HONEY BEE 101K」と「PANTONE 6 200SH」のソフトウェアアップデートを開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは8月6日、京セラ製Androidスマートフォン「HONEY BEE 101K」とシャープ製Androidスマートフォン「PANTONE 6 200SH」のソフトウェアアップデートを開始しました。「HONEY BEE 101K」のアップデートでは、複数のS!メール/SMSを同時に受信した際に、S!メールの自動受信に失敗する事象、一部の受信済みSMSが表示されない事象が改善されます。「PANTONE 6 200SH」のアップデートでは、AXGP通信でのデータ通信中に、本体が再起動する事象が改善されます。アップデートは端末単体でダウンロード可能です。101Kの場合は、「端末情報」→「ソフトウェアアップデート」→「ソフトウェア更新開始」より、200SHの場合は、「端末情報」→「ソフトウェア更新」→「ソフトウェア更新」より手動で即時アップデートを実施できます。アップデート後のソフトウェアビルドは、101Kが「161.5.0256」、200SHが「S1004」です。Source : ソフトバンク(101K)(200SH



(juggly.cn)記事関連リンク
中国OPPO、“N-Lens”シリーズのカメラスマートフォンを開発中?そのコンセプト画像が公開
新型Nexus 7、イタリアでは8月29日に発売される予定、流出したプレスリリースに掲載
Android版「Firefox 23」正式版がリリース、アプリアイコンのデザインが一新、WEBページのフルスクリーン表示などの様々な新機能が追加

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP