ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

中韓で事情異なる対日感情 中国人はドライ、韓国人はウェット

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 7月末に韓国ソウルで行なわれたサッカー日韓戦で、韓国側サポーターが「歴史を忘れた民族に未来はない」とハングルで書かれた巨大な横断幕を観客席に掲げたり、韓国で「旭日旗」が反日の一大トレンドになるなど、日本批判が目立っている。

 一方、中国も反日では負けない。今年7月、北京在住の著名反日活動家が「尖閣諸島を占領するための民兵」を募集すると発表。1000人ほどを集め、尖閣に上陸し占領する計画だという。

 荒唐無稽な話だが、尖閣については李克強・首相自ら「尖閣は日本が盗み取った」と公言しているのだから、活動家が過激になるのも当然である。だが、韓国と中国では同じ反日でも事情が異なる。ジャーナリストの富坂聰氏がいう。

「私はかつて、街中で南京大虐殺の議論になった際、父が目の前で日本兵に殺されたのを見たという人から、『父がその時着ていた血のついたコートを着てみろ』といわれ実際に着させられたこともある。

 しかし、そうした経験を経てもなお、大多数の中国人は実際には対日感情でドライだと思います。韓国は、戦時中の日本企業の賠償責任を問う判決を出すなど、国際的にみたらおかしい話でも、ウェットな感情が先だってしまうことがありますが、中国人の場合はもっと現実的。

 たとえば、出世競争でライバルが日本人と親しくしているとき、『あいつは日本人と親しい』と足を引っ張ったりするような使い方をする。政府も民間も反日を政治利用しているのです」

 評論家の宮崎正弘氏によれば、「インターネット空間では反日にだけ言論の自由が与えられているから、反日の議論が展開されているようで、実は反日=反政府という記号で政府批判が行なわれていることもある。政府も民間人も、お互いに反日をガス抜きのアリバイにしている」という。

※週刊ポスト2013年8月16・23日号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
【中国人のジョーク】尖閣でTwitterやFB開かなければ中国領
中国人 日本人にネットで「犬め、俺らとまた一戦やるのか?」
中国人「日本のAV女優も愛するが、釣魚島はもっと愛する」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。