ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

メルマガキャンペーンにミュージカル新ビジュアルも!アイテム充実の『美少女戦士セーラームーン』20周年記念情報まとめ

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

マンガ連載・テレビアニメ放映から20周年を迎えた武内直子さん原作の『美少女戦士セーラームーン』。オール女性キャストの新作ミュージカル公演をはじめ、バンダイ公式ショップ『プレミアムバンダイ』などからさまざまな記念アイテムが登場していることは、これまでも『オタ女』でお知らせしてきました。
2013年8月に入ってからは、ミュージカルの敵役となる四天王のビジュアルが解禁になったほか、オトナかわいいシルバーアクササリーの予約開始、メルマガ登録キャンペーンなど立て続けに発表されています。『セーラームーン』ファンはこの機会にチェックしてみて下さい。

普段使いもOK!?高級感あるペンダント&ピアス

『プレミアムバンダイ』で2013年8月5日より予約が開始されたシルバーアクセサリーは、ムーンスティックや時空の鍵をモチーフにしたデザイン。シルバー925製にスワロフスキーがキラリと光る高級感あるアイテムになっています。
『ムーンスティック デザインsilver925ペンダント』(税込11550円)は、シンプルな服装でより存在感を際立たせることになりそう。

一方、セーラープルートが持つ時空の鍵のペンダント(税込13650円)は、silver925にK18ゴールドコーティング。スワロフスキーはライトシャムとローズで豪奢なイメージ。

セーラームーンの耳に光る月のピアス(税込9975円)。こちらもsilver925にK18ゴールドコーティングで、クリスタルパールが上品さを印象つける一品となっています。コスプレのアイテムとしても重宝しそうですし、普段から身に付けるシーンを選ばずに使うことができるのではないでしょうか。

プレミアムバンダイ『美少女戦士セーラームーン』 商品一覧ページ
http://p-bandai.jp/fashion-net/c0007/c000725/list-da10-n0/ [リンク]

メルマガ登録でフィギュアやスマホ保護フィルムが当たるかも?

『プレミアムバンダイ』では、『セーラームーン』の商品情報やキャンペーンについて知らせてくれる無料メールマガジン『美少女戦士セーラームーン ショッピングニュース』の登録キャンペーンを2013年9月30日まで実施しています。
ここでは、S.H.Figuartsのセーラームーンのフィギュアや、SENSAIのスマートフォン用液晶保護フィルム、2014年版の手帳が抽選で18人にプレゼントされることになっています。
既に『プレミアムバンダイ』の会員登録を済ませている人でも応募することが可能なので、ファンの人はお忘れなく!

プレミアムバンダイ『美少女戦士セーラームーン』 メルマガ登録キャンペーン
http://p-bandai.jp/chara/c0468/mail-campaign/ [リンク]

男装コスチュームがかっこいい!ミュージカルの新ビジュアル

2013年9月13日~23日までの公演が決っているミュージカル『美少女戦士セーラームーン-La Reconquista-』
8月4日にはニコファーレで製作発表会が行われるなどいよいよ陣容が明らかになってきましたが、中でも注目したいのは宝石の名前の四天王・ゾイサイト、ジェダイト、ネフライト、クンツァイトのビジュアル。彩夏涼やルウト、コウ、小松美咲といったイケメン系のモデルや女優が揃っており、黒い制服が麗しさをアップさせています。

また、2013年8月23日にさいたまスーパーアリーナで行われる『Animelo Summer Live』会場内のけやきひろば・特設ステージで、セーラー戦士5人が登場する無料イベントの開催も決定しています。公演前にセーラー戦士が揃い踏みするところを観れる貴重な機会なので、公演が待ちきれないという人は足を運んでみて下さい。

セーラームーン20th_ミュージカル – ニコニコチャンネル エンタメ
http://ch.nicovideo.jp/sailormoon-20th-musical [リンク]

ふじいりょうの記事一覧をみる ▶

記者:

乙女男子。2004年よりブログ『Parsleyの「添え物は添え物らしく」』を運営し、社会・カルチャー・ネット情報など幅広いテーマを縦横無尽に執筆する傍ら、ライターとしても様々なメディアで活動中。好物はホットケーキと女性ファッション誌。

ウェブサイト: http://yaplog.jp/parsleymood/

TwitterID: parsleymood

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP