ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google Playストアの新バージョン「4.3.10」が配信中、「最近更新したアプリ」カテゴリが新設、アップデート完了の通知がまとめて表示されるようになった

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Googleが昨夜よりGogole Playストアアプリの最新版「4.3.10」の配信を開始しました。今回のアップデートでは、いくつかの目立つ機能追加・変更が行われています。まずは「マイアプリ」の「インストール済み」タブに「最近更新したアプリ」カテゴリが新設され、最近アップデートしたアプリが最上部に表示されるようになりました。メリットとしては、自動アップデートを有効にしたアプリがアップデートされたことをすぐに確認できる点、前回まではアップデートするとリストに埋もれてしまいましたが、最上部に表示されるようになったことで、アップデート後にアップデート内容を確認しやすくなります。次に、アプリのアップデート完了通知がまとめて表示されるようになりました。通知をタップするとアプリではなく「インストール済み」タブが開くようになります。最後に、前回まではオーバフローメニュー上にあった「アカウント」メニューがアプリの設定メニューに移動しました。このほか、Google Playブックスの購入ボタンの表示文字が変わるなど外観も一部変更されています。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Firefox 23」正式版がリリース、アプリアイコンのデザインが一新、WEBページのフルスクリーン表示などの様々な新機能が追加
“Key Lime Pie”のビルド番号?「KRS36B」がChromiumのバグトラッカー上で発見される
米IntelがAtomプロセッサを搭載した学校向けの教育用Androidタブレット「Intel Education Tablet」2モデルを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。