ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

“汗”を測定して、体内の“乳酸値”を検出する“タトゥ型ツール”が開発中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スポーツ選手にとって、自身の身体の健康、体の状態を把握したり、管理することは重要なことだ。アメリカのカリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームが、身体状態を測定する特殊な“タトゥー型”ツールを開発しているという。この“タトゥー型”ツールには、特別なセンサーが内蔵されており、薄くて粘着性があるシート状のツールを使用者の肌に装着して、タトゥシールのようにして使う。

人間の筋肉が活動すると、体内で化学反応が起こり、乳酸が生成される。この乳酸は、体内で多く作られれば作られるほど、汗をたくさんかく。この仕組みに注目したのがこの“タトゥー型”ツールで、これがスポーツ選手たちの身体活動を測定し、体内で起きている化学反応をキャッチする。

これまで、乳酸値を測定するには、血液検査をおこなうのが通例だったが、このツールを用いれば、注射などで身体に負担をかけることなく、もっと気軽に乳酸値の測定が可能になる。また、このツールはスポーツ選手だけでなく、メタボリック症候群の患者などが、身体の“代謝の状態”をモニターする手助けにもなりそうだという。

ただ皮膚にシールを貼るだけというお手軽なツール、日本のスポーツ界にも普及していくかもしれない。

UCSD tattoo

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP