ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

パナソニック、NTTドコモ向けスマートフォン新機種の投入を打ち切り、来年度以降も見送る方針

DATE:
  • ガジェット通信を≫

パナソニックが、国内で唯一スマートフォンを供給しているNTTドコモに対する個人向けスマートフォンの供給を停止することを決定したそうです。日経が報じています

。パナソニックが>NTTドコモへのスマートフォンの投入を打ち切る話は以前より伝えられていましたが、日経の報道によると、パナソニックは5日までにその方針をNTTドコモに伝えたそうです。以前の報道では、打ち切られるのは冬モデルだけとされていましたが、今回の報道では、来年以降の新機種投入も見送る方針とのこと。

今後については、スマートフォンの法人向けと海外向け(インドなど)事業は継続し、フィーチャーフォンも継続して開発・販売を続ける方針。パナソニックは来年度にKDDIへの投入を検討していると伝えられていましたが、今回の報道でその件には触れられていませんでした。事実上、当面は国内の個人向けスマートフォン市場から撤退することになりそうです。

Source : 日本経済新聞



(juggly.cn)記事関連リンク
NTTドコモ、「AQUOS PHONE ZETA SH-09D」のAndroid 4.1.2アップデートの提供を一時中断、アップデート後正常に起動しない不具合が発生
「Xperia feat. HATSUNE MIKU」の先行展示がスマートフォンラウンジとソニーショールーム/ソニーストアで8月9日より実施
「HTC One Max」とMotorola「XT882」のサイズを比較した写真

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP