ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 7(2013)のブートローダーアンロック手順、カスタムリカバリ(TWRP)導入手順、root化手順

DATE:
  • ガジェット通信を≫

この記事では、新型Nexus 7/Nexus 7(2013)のブートローダーのアンロック手順、カスタムリカバリ「TWRP」の導入手順、root化手順を紹介します。この記事で紹介する各手順はWindows 8パソコンを利用して実施した内容をベースにしています。また、各手順を実行するために必要となるAndroid SDK(fastbootやadbコマンド)、Nexus 7ドライバは作業用のWindows 8パソコンに導入済みの状態で、fastbootやadbコマンドにはPathが通っている状態を前提としています。1. ブート ローダーのアンロックSTEP1 : Nexus 7をシャットダウンした後、ボリュームダウンボタンと電源ボタンを同時押し続けてブートローダーを起動します。起動後「Recovery mode」と表示された場合、ボリュームアップボタンを押して「START」に変更します。※旧型のようにボリュームアップ+ボリュームダウン+電源では起動しない模様です。ちなみに、ボリュームアップ+電源ボタンの場合はリカバリモードが直接起動します。STEP2 : Nexus 7をパソコンにUSBケーブルで接続します。PC上でコマンドプロンプトを起動し、次のコマンドを実行します。

fsatboot oem unlock

STEP3 : 次の画面が表示されるので、ボリュームアップボタンを押して「Yes」にカーソルを合わせ、電源ボタンを押します(この際、システムのデータが全て消去されます)。ブートローダーのトップ画面に戻り、画面下のロック状態が「unlocked」であればアンロック成功です。※「Yes」の画面からブートローダートップ画面に戻るのに少々時間がかかるようです。STEP4 : コマンドプロンプト上で次のコマンドを実行してNexus 7を再起動します。

fastboot reboot

STEP5 : Nexus 7が起動するので初期セットアップを行います。2. カスタムリカバリ(TWRP)の導入2013年8月5日時点で新型Nexus 7用のClockworkModはリリースされていないようなので、別のカスタムリカバリ「TWRP」を利用します。カスタムリカバリを導入するには「1. ブートローダーのアンロック」を実施する必要があります。STEP1 : 新型Nexus 7用のTWRP「openrecovery-twrp-2.6.0.0-flo.img」をPCにダウンロードします。STEP2 : コマンドプロンプトを起動し、「openrecovery-twrp-2.6.0.0-flo.img」を保存したフォルダに移動。次のコマンドを実行します。

fastboot flash recovery openrecovery-twrp-2.6.0.0-flo.img

STEP3 : ブートローダートップ画面でボリュームダウンボタンを押して、表示を「Recovery mode」にして電源ボタンを押します。すると、TWRPが起動します。root化「1. ブートローダーのアンロック」と「2. カスタムリカバリ(TWRP)の導入」を実施後、次の操作を実施します。STEP1 : UPDATE-SuperSU-v1.51.zipをPCにダウンロードし、新型Nexus 7の内蔵ストレージにコピーします。STEP2 : Nexus 7をリカバリモードで再起動します。(シャットダウン状態で、ボリュームアップと電源ボタンを長押し)STEP3 : TWRPトップ画面で「INSTALL」をタップ。ファイル一覧で「UPDATE-SuperSU-v1.51.zip」をタップします。画面下に表示される「Swipe to Confirm Flash」のスライドロックを左から右にスライドしてZIPファイルを書き込みます。STEP4 : Nexus 7を再起動します。以上でroot化は完了です。Source : XDA Developers



(juggly.cn)記事関連リンク
Android版「Facebook」がv3.5にアップデート、画像の保存や古い通知の読み込みなどに対応
Google Playストアの新バージョン「4.3.10」が配信中、「最近更新したアプリ」カテゴリが新設、アップデート完了の通知がまとめて表示されるようになった
NTTドコモ、「Xperia acro HD SO-03D」のソフトウェアアップデートを本日午後6時以降に開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP