ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【香港】香港にオープンしたてのアイドルカフェに行ってきた! アキバに負けないくらいのサービス

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


香港の繁華街をぶらぶら歩いていると、偶然メイドカフェぽい看板を持った男性がビルから出てきた。「メイドカフェですか?」と訪ねると流暢な日本語で「ここのビルの2階でお店やってます」とのことだった。本当は香港にある“Cafe Matsuri”というメイドカフェに行く予定だったのだが、場所がわからずこちらに行くことにする。ちなみに探していた“Cafe Matsuri”とはかなり近い場所にある。

日本のマスコミなんだけど取材させてくれるか尋ねると快くOKしてくれた。実はこのカフェはメイドカフェではなくアイドルカフェだという。お店の名前は“Cafe Hikari”で貴族風な学園生活が楽しめる内容になっており、15人程の女の子が在籍している。店に入ると目立つ大きな椅子が置いてあり、どうやらあれは特別な椅子らしい。

女の子達はAKB48を意識したかのようなプレッピーな制服で統一されている。香港でもこういう衣装が「萌え」らしい。

フードやドリンクも充実しており、日本のメイドカフェやアイドルカフェ顔負けのサービスである。また日本では禁止されている接客で、隣に女の子が座って一緒にゲームを楽しんだりすることも可能。香港ならではのサービスだ。また店内奥には和室もあり、貴族とな異なる日本の和の雰囲気を楽しむことができる。

お店のついて紹介。“Hikari”は基本的に年中無休で営業しており、営業時間は15時~0時まで。18時から21時までのお客さんにはチャージ料60ドルが必要となっており、また2時間という時間が設けられている。

チェキは女の子1人との撮影は30ドル、2人の女の子と撮影は50ドル、また女の子とダーツを遊ぶことができ、その勝負で勝つと無料で『チェキ』撮影ができるという。ダーツのお値段は50ドル。また誕生日などの友人がいる場合は100ドルで持ち込み可能としている。


この日に出勤していた女の子は4人で慌ただしく急な取材に対応してくれた。またお店は6月の中旬にできたばかりで、まだオープンから1か月半しか経っていないという。まだまだ女の子達は新鮮な子たちばかり。中には少しだて日本語が話せる子もいるようだ。店内は日本のアニソンやJPOPが常にかかっている。

フードのハンバーガーに使われているハンバーグも手作りと、料理もなかなか手が込んでいる。オムライスには日本でもおなじみのケチャップで文字を描いてくれるサービスがある。

秋葉原のアイドルカフェとは少し違う雰囲気の香港のアイドルカフェ。香港に行く機会がある人は訪れてみてはどうだろうか。「ガジェット通信見た」で何か良いことあるかも?

場所は香港の油麻地(Yau Ma Tei)駅のA2出口から出て北に向かって行った雑居ビルの2階。道路の反対側にマクドナルドが見え、またビルの前にバス停があるので分かりやすいだろう。

店内の様子を動画にて公開してあるので興味のある方は下記動画もご覧になってほしい。

香港のアイドルカフェに行ってきた(ニコニコ動画)
『Hikari』の公式Facebook[リンク]
https://www.facebook.com/CafeHikari

※上記料金は全て香港ドル


元の記事:http://getnews.jp/archives/393106

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP