ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

andymori小山田壮平が治療の経過報告「andymoriをやり遂げたいと思っています」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 

 

多発外傷のため7月4日から入院していたandymoriの小山田壮平(ヴォーカル/ギター)の経過が、バンドのオフィシャルサイトにて報告された。

これはバンドの所属しているフェイスミュージックエンタテインメントとYouth Recordsからアナウンスされたもの。病院に搬送された当時は重傷のため集中治療室に入っていた小山田。しかし、医師による懸命な治療の甲斐あって当初の診断よりも早いペースで回復し、7月31日には集中治療室を出ると共に退院。現在は自宅療養を続けながら通院にて治療およびリハビリを行っているとのことだ。

andymoriは最新アルバム『宇宙の果てはこの目の前に』を携えての全国ツアーと9月24日(火)に予定していた東京・日本武道館公演をもって解散する予定だったが、小山田の負傷によりそれらのスケジュールをすべてキャンセル。バンドの今後については宙に浮いた状態だった。だが、小山田の退院後、彼を含むメンバーそれぞれと話し合った結果、「小山田が完治した際にandymoriとしてライヴを行うことを目標に、頑張っていこう」という結論に達したという。現段階では彼が完治する時期もわからず、経過によってはライヴの実現も難しいかもしれないが、小山田の完治後にライヴを行うことも目標に引き続き彼の治療のサポートをしていくとのこと。

小山田はサイトに寄せたコメントで「これからしばらくの間リハビリに専念することになりますが、身体が元に戻ったら、メンバー、スタッフと力を合わせて、必ず素晴らしいものを作り上げて、andymoriをやり遂げたいと思っています」と宣言。「どのくらいの時間がかかるのかまだ分かりませんが、どうか待っていてください」と綴っている。ファンは彼のいち早い快復とライヴの実現を願って待とう。

 

小山田壮平 コメント

みなさまへ

ご心配をおかけしています。
7月31日に退院することができました。

今回、自分が起こしてしまったことで、最後のツアーとライブ、各イベントやフェスティバルも
キャンセルになってしまいました。

andymoriを楽しみにしていてくれたたくさんの方々、関係者の方々、大変なご迷惑をおかけしてしまい、
本当に申し訳ありませんでした。

これからしばらくの間リハビリに専念することになりますが、
身体が元に戻ったら、メンバー、スタッフと力を合わせて、必ず素晴らしいものを作り上げて、
andymoriをやり遂げたいと思っています。

どのくらいの時間がかかるのかまだ分かりませんが、どうか待っていてください。

それと、たくさんの暖かい言葉、嬉しかったです。
ありがとうございました。

タワーレコードの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP