ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

仙台の牛タン発祥の名店に行ってきた! 牛タンってこんなにうまかったのか……

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


焼肉屋に行くと必ずメニューとして置かれている牛タン。煮込みや焼き牛タンなど様々な食べ方があり、今でこそ当たり前のメニューだが昔の日本人は食べなかったという。

牛タン発祥の店と言われている“旨味太助(うまみたすけ)”が仙台駅より徒歩10分の場所にある。記者はこの牛タンを一口食べたくなりこの店に行ってみることにした。場所は三越隣のTICビルの裏側にある。白いのれんに店の名前が書かれている。中に入るとカウンター席と座敷席が数席。予約なしで行ったのに運良く座敷席があいていたのでそこで食事をさせてもらうことにする。

“旨味太助”とは別に“味太助”という店も存在し、親戚関係にあるようだ。どちらの店も牛タンの老舗として有名。

メニューは牛タン定食1人前が1260円となっている。ほかにも1.5人前という少しボリュームのある定食も用意されている。定食には麦飯にテールスープ、そして牛タンがついてくる。テールスープも絶品なので是非味わって欲しい。

牛タンはさすがの老舗というだけあって、一口目で他店と味が違うのがわかる。塩とタレ以外になにか特殊な味付けをしているのだろうか。

「我々、東京から来たんです」と言うと店員さんが「実はこの店が牛タン発祥なんです」と説明してくれた。壁には先代の写真が飾られており、その人が牛タンを広めたという。普通に考えたら捨てる部分であるタンをあえて食べようと思った経緯が気になるが、それが意外にもおいしくいまに引き継がれている。

仙台に来た人は是非味わって欲しい。

場所:仙台市青葉区国分町2丁目11-11 千松島ビル1F
定休日:月曜日
営業時間:11:30~22:00

※この記事は、ゴールドラッシュの「ソル」が執筆しました。[リンク]

ソルの記事一覧をみる ▶

記者:

  ネタのタレコミや情報提供は下記ウェブサイトからお願いします

ウェブサイト: http://getnews.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP