ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「コラーゲンを食べると肌プルプル」 本当にそうなるのか?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「健康」情報が氾濫している。「××さえ食べれば健康」「××だけで痩せられる」といった話を聞けば試し、「いまいち効果がないような……」と首をひねった経験は誰にでもあるのではないか。巷に溢れる健康法の「ウソ・ホント」を検証する。

(1)「DHA(青魚)で頭が良くなる」に根拠はあるのか

 青魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)は脳を形成する脂肪酸。日本植物油協会はHPで〈『DHAで頭が良くなる』という説がありますが、これは「不足すれば脳の活動は低下するが、補給すれば元に回復する」ことです。すなわち「持って生まれた知能レベルはDHAの投与で良くなるのではない」ということです〉と端的に説明する。

(2)「長生きしたければ肉を食べてはいけない」のか

 肉抜きの食生活で長寿健康を実現した女性の書籍がベストセラーとなったが、「動物性たんぱく質は体に必要だから肉は食べていいし、食べるべき」と食生活ジャーナリストの会代表幹事・佐藤達夫氏は警鐘を鳴らす。“常識外れの方法”で長生きする人もいる。だが、「常識外れの方法でも長生きなのは、その他の部分で健康的な生活を送っているから」という可能性は高い。

(3)「目の疲れにはブルーベリー」についての最新見地

 国立健康・栄養研究所が過去の学術論文をもとに情報を整理した「健康食品の素材情報データベース」では、ブルーベリーの眼精疲労回復効果について〈ヒトでの有効性について信頼できるデータは見当たらない〉としている。

(4)「コラーゲンを食べると肌プルプル」に騙されるな

 コラーゲンは皮膚や軟骨を形作るたんぱく質だが、「食べて美肌になる」といった効果は立証されていない。たんぱく質は体内でアミノ酸に分解され、再び体に必要なたんぱく質に合成される。つまり「コラーゲンを摂取した」というのは「たんぱく質を摂取した」ことと変わらない。コラーゲンが分解・合成されて再びコラーゲンになるかは人為的に操作できない。

※SAPIO2013年8月号



(NEWSポストセブン)記事関連リンク
こんにゃく+三つ葉、豆腐+春菊、トマト+牛肉で美肌効果
垂れない「美胸」を作るには1日納豆1パックが効果的
胸を大きくする効果ある食材はキャベツ、鶏肉、チーズと医師

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP