ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

その紫外線対策…まちがってるかも? 「日焼けしやすくなる」6つの習慣

DATE:
  • ガジェット通信を≫


この時期、とにかく気になるのが日焼け。自分ではしっかり紫外線対策をしているつもりでも、なぜか真っ黒に…。
そんな人は、知らず知らずのうちに日焼けしやすくなる行為をしているのかも!?
今回は、日焼けを考えるとやめたほうがよい6つの習慣をご紹介します☆

・色の濃いサングラスをしている

UVカット加工がされていない、レンズの色が濃いサングラスにご注意を。瞳孔が光を取り入れようと普通よりも開いてしまいサングラスの隙間から紫外線を多く取り入れてしまうとか!

・自然素材の服を着ている

夏場の装いにピッタリな綿や麻などの自然素材の衣類。吸汗性や通気性があるのが長所ですが、しかし同時に紫外線も通しやすいそう。日焼けを考えると、ポリエステルなどの生地のものを選んだほうがいいかも!

・白など薄い色の服をよく着る

明るい色ほど光を遮断する力が弱く、紫外線を通しやすいそう。とくに白い服は紫外線を反射させるので、洋服の隙間から露出していない部分にも紫外線が当たってしまう危険性も。紫外線カットには黒が最も効果的

・室内で紫外線対策をしない

紫外線は窓ガラスを通過するもの。オフィスや家の中だからといって紫外線に無防備でいると、レジャーにも行っていないのにいつの間にか日焼けしていた、なんて事態に陥ってしまうかも!

・朝、かんきつ類を摂っている

ビタミンCが豊富だからと外出前にオレンジジュースを飲んだり、レモンをかじったり…。それって実は逆効果。「ソラレン」という紫外線の感受性を高めシミができやすくなる成分も含まれているのです。かんきつ類は夜に!

・日焼け止めを薄く伸ばしてつけている

白浮きするのを防ぐため、日焼け止めは少なめにとって伸ばしている、という人もいるのでは? しかし、量が少ないと効果も半減。特に顔、頬や鼻などの高い部分には重ねづけしたほうがよさそうです!
photo by Thinkstock/Getty Images



(グリッティ)記事関連リンク
【PR】ビタミンCは肌に直接塗ったほうが効果的らしい
海やBBQで事前チェック! その場所のUVリスクがわかるアプリ
夏=恋の季節になる理由が解明? 意外と知らない「紫外線のメリット」

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
グリッティの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP